宅配食は本当に安全?

宅配食は常温の状態で配達されるものもあれば、冷凍の状態で配達され、到着後にレンジで温めるという形のものがほとんどです。
食事の安全性への意識が高い人は、常温での配達も冷凍宅配食に関しても不信感を抱いている人もゼロではありません。

 

気温が高い地域の場合、料理が作られてから常温で配達している間に食事が腐ってしまうのではないか?という心配や、冷凍食品の場合、過度な食品添加物が入っているのではないかなど様々な不安を持つかもしれません。

 

それぞれの宅配食サービスは、提供する食品の安全性が保てないのであれば提供をせず、安全に配達できるエリアでしか提供を行っていません。

 

たとえば常温で配達する宅配食の場合、配達元の店舗から安全性を保てる範囲の配達区域を設定して、調理後、最短で宅配を行う努力をしています。

 

冷凍宅配食の場合、防腐剤などは使わなくても冷凍技術の進歩によって安全・安心の食事を全国に配達が可能なので、常温の宅配食が利用できない人でも冷凍宅配食であれば安全性が保たれた状態で利用できます。

 

確かに、昔の日本の食事安全基準は現在より低かった時期もありました。食品の賞味期限の偽装や産地の偽装など、食に関する様々な問題が起こるたびにその問題は改善されてきました。
日本の食品安全性レベルは世界と比べても非常に高いといわれています。

 

それぞれの宅配食サービス会社も、それぞれの理念の前提として、健康を守る食事を提供したいという気持ちがあります。
安全を阻害してしまうようなサービスは淘汰されていきますから、現在も運営が継続している会社は、ユーザーからのお墨付きを貰っているともいえるので、これから初めて宅配食を利用するという人も安心して使い始めていただきたいです。

 

宅配食事|ウェルネスダイニング

 

宅配食事|ウェルネスダイニング公式サイト