食費の節約にもなる宅配食

宅配食を使うと食費がかさんでしまう!と思っている人は多いのではないでしょうか。
宅配食の中には、高いものでは900円程度する高額なものもあれば、400円台で配達してくれる美味しい宅配食もあります。

 

味に妥協せずに賢く宅配食を使えば実は毎月の食費の節約にもつながります。

 

賞味期限が長い宅配食はメリットがいっぱい!

毎日スーパーに足を運んで、夕食の食材を購入するという方は多いと思いますが、勢いで購入して結局は使わなかった…ということも多いのではないでしょうか。
生鮮食品は賞味期限が短いですから、結局腐らせてしまうこともありますよね。

 

反面、宅配食の多くは冷凍弁当で配達され、賞味期限も半年間は持つものばかりです。
すぐに食べられない場合は、冷凍保存しておけばいつでもレンジで温めて食べることができるので無駄なく食べられます。
毎日宅配食に切り替えくても、週の半分を宅配食にするだけでも結果的に食費が安くなったという事例は多く挙げられています。

 

また、調理する時間も無くなるので、共働きの家庭などでは食事の準備ができなかったときの急な食事としても役立ちます。

 

さらに言えば、毎日スーパーに通う時に使う交通費やガソリン代を差し引けば多くのコストカットにつながります。

 

主婦の味方!日曜だけ宅配食

宅配食サービスには1日3食すべて注文できるサービスもありますが、毎週日曜日だけ食事を宅配してくれるサービスもあります。
平日は毎日食事の用意をしている主婦の方も、日曜日だけは出先で食事をしたり、自宅にいる場合は出前などで自分が作らない料理を食べたいと思うものです。

 

コスト面を気にしながらも、日曜日だけ配達してくれる宅配食を注文すれば、料理をしない主婦の休日を作ることができます。
家事に仕事に忙しい兼業主婦の方には特におすすめです。

 

スーパーの食品よりも安全?

スーパーの食品も安全性は保たれていますが、宅配食に使われている食品は高い安全基準の下に調理されています。
しかも、栄養士が設定した栄養バランスの良い食事なので安心です。

 

介護食として使える宅配食

 

親の介護をしている場合、意外にも大変なのが介護食の食費です。
食材も厳選しなければなりませんし、調理も通常の料理と異なるため手間もかかります。

 

反面、宅配食は介護食として利用されているものが多いので、自分自身で時間とコストをかけて作るよりもプロの介護食を理解している宅配食サービスの介護食を利用した方が安く、手間をかけずに用意できるのも大きなメリットです。

 

宅配食事|ウェルネスダイニング

 

宅配食事|ウェルネスダイニング公式サイト