糖尿病の食事療法とは?

糖尿病 食事療法|砂糖を制限

 

糖尿病は日本人の4人に1人が予備軍かすでに糖尿病と診断されているといわれているほど多くの人が悩んでいる病気です。
糖尿病になると、足の指や手の指の痺れを始め、体の部位の壊死なども起きるといわれています。

 

糖尿病は生活習慣病といわれています。
普段の食生活に偏りや過剰摂取があるとこの病気を発症するリスクが高まります。
発症してしまうと、ゆっくりと次第に症状が悪化し、生命の危険をもたらす病気を併発してしまうリスクもあります。

 

糖尿病予防につながる食生活とは?

糖尿病発症の大きな原因は食事と運動と言われています。
食事のメニューを改善することで症状の悪化・進行を防いだり、予防することが可能と言われています。

 

糖尿病食を摂る前に必要なのは、医師の指導を受けることです。
医師に診断してもらった後に、栄養士の指導を受けます。
栄養士が指定した栄養バランスのメニューに変更したり、栄養士に指導された食材・料理を食べていく生活に切り替える必要があります。

 

食事療法を行うにあたって、まず最初に把握すべきは血糖値です。
病院で血糖値の値を定期的にチェックしている人であれば、自分の体の状態を把握しておけますが、病院などに定期的に通っていない人はまず医師の診断を受けて血糖値チェックをする必要があります。

 

血糖値は朝・昼・晩問わず食後の2時間後くらいに高い数値になるので、食後2時間後に血糖値を計測したいという方は、血糖測定器で計測している方もいます。
すべては医師の指導に則って行う必要がありますが、血糖測定器を使って毎日自分自身で計測する方も少なくありません。

 

計測は一日一回だけではなく、毎食ごとに数値をチェックして血糖値の推移をチェックしておくという場合もあるようです。
特に、血糖値が上昇しやすい食事である「ご飯」や「パン」などの炭水化物、間食のケーキや大福などのお菓子も血糖値を大きく上昇させる食品なので、普段からどのような食生活を送っているかもあわせてチェックするのがよい場合もあります。

 

栄養士に指導を受けた場合は、予め血糖値が上昇しやすい食品などを教えて貰うことができますが、指導の中になかった食品項目を食べた場合は、食事後に血糖値の上昇が確認できた食品を特定し、その食品を避けるようにしたり、もっと糖分が少ない食品に切り替えたりと食事の見直しを行っていくことも必要かもしれません。

 

血糖値の上昇は食べる順番でも変わる?糖尿病の豆知識

 

血糖値は空腹時の状態から、食べていく順番によっても上昇幅が変わります。
空腹の状態でいきなりご飯など糖分が高いものを食べると徐々に血糖値があがり、その後も食べ続けると非常に高い数値まで上昇します。
しかし、逆に最初にフルーツなどを食べると、血糖値の値は上昇しますが、その後に肉やご飯を食べ続けていっても、最初からご飯を食べ始める数値よりも低い値で抑えられるという研究結果も発表されています。

 

個人差にもよりますが、最初にフルーツや野菜を食べ、その次にたんぱく質である肉や魚を食べ、最後にご飯を食べるという順番が血糖値の上昇幅を上げすぎない対策法として挙げられます。

 

また、食後のお菓子や間食も食べるものによって血糖値は大きく上昇するので、なるべく血糖値の上昇させないお菓子をチョイスして現在の食生活全般を見直すことが必要です。

 

糖尿病食でもおいしい食事を食べるには?

 

糖尿病の症状を悪化させないためには、糖分の低い食事に切り替えることが大事ですが、糖分が低いものって何?と疑問が浮かぶ人も少なくないと思います。
糖分摂取を制限するために、結果的に普段の食費が高くなってしまったという人もいます。

 

宅配食事サービスという自宅まで毎日の食事を届けてくれるサービスがありますが、その宅配食サービスには様々な食事制限メニューがあります。
中でも美健倶楽部の糖尿病食は1食あたり約400kcalという低カロリーにも関わらず、味わい深いおかずが4品も入っているメニューなので、味気なさや物足りなさを感じません。

 

しかも、一食800円程度なので、外食をしたり、自分で食材を買って料理をするよりも金銭的コストも時間のコストも非常に少ないです。
何より、栄養士が選定したメニューなので、自分が考えたメニューよりも栄養バランスがよいという点も嬉しいのポイントです。

 

美健倶楽部以外にも、管理栄養士が監修した糖質制限食はたくさんあります。
自分が受けた指導内容に沿った食事を各サービスから選んで、毎日の食事に切り替えていくのがおすすめです。

 

管理栄養士が監修している糖質制限食は、おすすめランキングとしてこちらのページで紹介しています。

 

>> 糖質制限宅配食【糖尿病の方も愛用する食事宅配サービス】

 

 

 

 

ダイエット食事の宅配

糖尿病のリスクを軽減する宅配食は、病気だけではなくダイエットにもおすすめです。

 

太ってしまう大きな理由のひとつとして、食べ過ぎがあります。
しかし食べ過ぎでも、どんな食品を食べ過ぎているかによって太ってしまう度合いが異なります。

 

糖分を制限した「糖質制限食」は糖尿病のリスクを軽減する可能性があるだけではなく、普段から過剰に摂取してしまっている糖質を制限できることから、メニューを自分で考えることなく、少しずつ食事改善を行っていけるのでおすすめです。

 

糖質を控えた食事に切り替えようと考えても、どのような食生活に切り替えていくべきかを具体的に判断するのが難しい人もいると思います。
糖質制限食はプロの栄養士が糖質コントロールしている食事なのでダイエット中の方の普段の食事におすすめです。

 

様々な糖質制限食でおすすめなのが、「美健倶楽部」の宅配食と「ウェルネスダイニング」のカロリー制限食です。
特にウェルネスダイニングのカロリー制限食は1食あたり240kcalと非常に低カロリーの食事なので、普段から食べている食事の摂取カロリーの半分以下に抑えることができる可能性があります。

 

普段からコンビニのお弁当などを買って食べている人であれば、その差は歴然です。
ダイエットしたいと考えている人は是非一度試してみてください。

 

>> ダイエットにおすすめの宅配食おすすめランキング

 


トップへ戻る