腎臓病に悩む人に選ばれている宅配食事

腎臓病の低たんぱく食事

 

腎臓病の治療は薬物治療などがありますが、食事療法がもっとも大事といっても過言ではありません。
毎日摂取する食事ですから、食事の内容を改善しないと病気の症状が悪化してしまう恐れがあると指導されることもあります。

 

毎日の食事メニューを改善することで医師の栄養指導に見合った栄養摂取が可能になります。
このページでは腎臓病とたんぱく質の関係についてと、低たんぱく食が用意されている宅配食サービスについてご紹介していきます。

 

たんぱく質制限はどう行う?

低たんぱく食

 

腎臓病の食事療法は医師の正確な指導に基づき実行することが必須です。
毎日の栄養摂取量を医師と栄養管理士の指導の下に食事のメニューを選定していく必要があります。

 

特に、タンパク質の摂取量と塩分・水分の摂取量管理は必須です。
医師の指示に従った1日の摂取量を守ることが大事です。

 

中でもタンパク質の摂取に関しては非常にシビアです。
疾患中の腎臓には、タンパク質の大量摂取は大きな負担となりますから、低タンパクの食事が必須となります。

 

タンパク質が豊富な食品の代表格は肉です。魚もそれに該当し、日本人の主食であるご飯にも含まれています。
果物などにも含まれていますから、タンパク質を完全にカットしなければいけない、ということになった場合は、食べることができる食品が非常に少なくなることに気付くほどです。

 

しかし、タンパク質は人間が活動するエネルギーを摂取するために欠かせない栄養素でもあります。
タンパク質を含まない食品でこの代用を行うにはデンプンなどが用いられるときもあります。

 

病院に入院している場合は病院の栄養士さんが毎日の栄養バランスを考えてくれますが、自宅療養となった場合はそうはいきません。
指導してもらったメニューの食材を用意して、調理方法なども指導してくれますが、味気ない食事になってしまう場合もあります。

 

栄養摂取量を守りながらも、しっかりと管理するには自分で料理を作るよりも、宅配食などの栄養成分が明記されている食事を摂るほうが確実です。
栄養管理はもちろん、美味しい料理が食べられるというメリットもあります。

 

そんな宅配食サービスの中で、低たんぱく食やタンパク質制限食、塩分制限食などを扱っているサービスをおすすめ順にご紹介しています。

 

たんぱく質制限食おすすめランキング

たんぱく&塩分調整気配り宅配食はタンパク質と塩分を制限した食事セットです。
まとめて21食セットも購入できるので毎日1食は宅配食のたんぱく質制限食にしたいという方におすすめです。
冷凍保存が可能なので、食べたい時に電子レンジで温めるだけで食べられます。
価格
5,184円
評価
評価5
1食当たりの価格
740円
1食当たりのたんぱく質量
たんぱく10g以下
1食当たりの塩分量
塩分2.0g以下
冷凍・冷蔵
冷凍
温め方
電子レンジ
送料
送料無料
ウェルネスダイニング【たんぱく&塩分調整気配り宅配食7食セット】の総評
栄養バランスが保たれた料理を自分自身で毎日準備するのは面倒だし難しい!という人におすすめしたいのがウェルネスダイニングの「たんぱく&塩分調整気配り宅配食」です。
たんぱく質制限・塩分制限の他、カリウムも控えめに設定されています。
たんぱく質量を1食あたり10g以下に制限し、塩分を2g以下に制限されています。

制限食とはいえ、従来の宅配食セットのメニューと変わらず、美味しさを損なわないところも注文のポイントです。

配送状態は、冷凍の状態で届きます。レンジで温めればすぐに食べることができるので、保存食や常備食としてストックしておくのもおすすめです。
1食あたり700円以下の低価格で毎日の健康管理食を食べられるので非常に便利です。

食宅便のたんぱくケアおかずセットは、1食あたり4品のおかずを楽しめるお弁当でありながら、たんぱく質量に配慮されたお弁当セットです。
冷凍庫で保存しておけば長期保存が可能なのでストック食としても活用できるのでおすすめです。
価格
4,340円
評価
評価5
1食当たりの価格
620円
1食当たりのたんぱく質量
たんぱく13g以下
1食当たりの塩分量
塩分2.0g以下
冷凍・冷蔵
冷凍
温め方
電子レンジ
送料
送料390円

ニチレイフーズダイレクトのたんぱく質コースには、たんぱく質を制限しているときにはなかなか食べられない魚料理も食べられる、低たんぱくに調理された「たんぱく質魚コース」があります。
魚料理が好きだけど、タンパク質の摂取量を制限されているため食べられない!という方もチェックして欲しい冷凍弁当です。
価格
5,300円
評価
評価5
1食当たりの価格
757円
1食当たりのたんぱく質量
たんぱく10g程度
1食当たりの塩分量
塩分1.7g以下
冷凍・冷蔵
冷凍
温め方
電子レンジ
送料
5,000円以上で送料無料

 

塩分は腎臓病にも悪影響?塩分制限の重要性

塩分の過剰摂取は、高血圧のリスクを高めるだけでなく、腎臓病のリスクも上昇させてしまいます。
腎臓病になってしまった後は、塩分の制限も行わなければなりません。

 

腎臓病を患うとナトリウムやタンパク質を排除する機能が低下するため、うまく排泄できないナトリウムを体に蓄積することになってしまいます。
そのため、そもそも塩分の高い食事をしないということが症状の悪化を防ぐことにつながってきます。

 

また、タンパク質の摂取とともに摂取されるカリウムの過剰摂取も控えるべきです。
さらに、水分も過剰に摂取すると排泄する機能が低下しているため、上手に排泄までの処理が行われない場合がありますので、ただの水だからといって油断せず、医師が推奨する栄養素や摂取許容量を守るようにしましょう。

 


トップへ戻る