赤ちゃんの離乳食におすすめの宅配食材

赤ちゃんが母乳から離乳食に切り替わるタイミングで、お母さんは離乳食作りをマスターしなければいけません。
まだ抵抗力の弱い赤ちゃんですから、離乳食は安全な食材を使用することが必須です。

 

食材選びも気を使いますが、そもそも離乳食ってどうやって作るの?という問題が直面します。
この悩みを解決してくれるのがパルシステムの食材宅配サービスです。

 

パルシステムの食材宅配サービスは離乳食におすすめの食材を扱っており、離乳食のレシピも公開しています。
離乳食の作り方もマスターしながら、安全な食材を注文できることから新米ママさんの強い味方となってくれます。

 

母乳から離乳食に切り替えるタイミング

母乳から離乳食に移行するタイミングは子供の成長によります。
赤ちゃん自身でお座りができる状態で、首が据わっている状態になってからがその目安となります。

 

しかし、スプーンを赤ちゃんの下唇に乗せたときにスプーンを嫌がる頃はまだ離乳食を食べる時期ではない可能性があります。
多くの場合は、5ヶ月から6ヶ月目ほどで離乳食に切り替えていきますが、赤ちゃん本人の様子を見て判断していきましょう。

 

生後5・6ヶ月目の最初の離乳食

離乳食開始当初は午前中にミルクと同じ時間におかゆのようなものから始めます。
通常のご飯の10倍くらいの水分量で柔らかくしたおかゆや、かぼちゃ・豆腐などをおかゆ状にした状態のものなどから始めていきましょう。
カリフラワーやいもなどの野菜も同様にとろとろの状態にしたものもこの時期の離乳食に適しています。

 

生後7ヶ月目の離乳食

生後7ヶ月くらいになると、食べ物をしっかりと飲み込めるようになってきます。
しかし、母乳やミルクなどで栄養を与えることは継続していく必要があります。

 

生後5・6ヶ月目よりも水分量を減らした7倍のおかゆやうどんなどの炭水化物が食べられるようになってきます。
柔らかくしたかぼちゃや人参のおかゆ、豆腐、トマトなども食べられますので、柔らかくした状態で食べさせてあげましょう。

 

生後9ヶ月目の離乳食

 

生後9ヶ月目に入ると、食べられる炭水化物が増えます。パンやホットケーキなども小さくしてミルクなどに浸し、パンのおかゆのような状態のものを食べられるようにもなります。
野菜も柔らかく調理したものであれば、ほとんどの野菜が食べられます。
肉や魚もいくつか食べられるようになります。
いわしや豚肉、牛肉の赤み、大事や卵も食べられます。

 

とにかく食べやすく柔らかくすることが重要で、喉に負担が掛からないような離乳食作りをしましょう。

 

生後12ヶ月目の離乳食

この頃になれば、大人と同様に一日3食の食事を食べるようにします。離乳の一歩手前ですが、母乳・ミルクを求める場合は与えるようにしましょう。

 

ご飯も通常よりやわらかいご飯に炊けば問題ありません。
オムレツやヨーグルト、豆腐など、喉を通りやすい状態の食事にする必要はありますが、ウインナーなどの形がはっきりしているものも小さくして食べさせることが可能です。

 

その後、18ヶ月程度で完全な離乳ができますので、離乳するまで毎日の食事にこだわって食育を行っていきましょう!

 

赤ちゃん・乳幼児時期には食べさせない方が良い食材

 

乳幼児には以下の食材を与えない方が安全といわれています。

 

  • 黒砂糖・はちみつなどの乳児ボツリヌス症予防を妨げる食品
  • パイナップル・ごぼう・きのこなど消化吸収に負担が大きい食品
  • 豆類・ナッツ類・もちなどの喉に詰まりやすい食品
  • かまぼこ・こんにゃく・いかなどの弾力があり、噛み切りにくい食品
  • しょうが・わさび・にんにくなどの刺激が強い食品

 

上記のものを避けて賢い離乳食作りをマスターしましょう!

 

離乳食づくりにおすすめの食材が購入できるサービス

生協の宅配サービスのパルシステムでは、赤ちゃんの離乳食を作る材料セットが販売されています。

 

今ならなら離乳食セットをお試しで購入できます。
そのセットの内容は

  • 野菜入り小うどん
  • うらごし野菜
  • 産直コーン
  • かぼちゃのグラタン

と、離乳食作りの基礎とも言える、もっともオーソドックスな食材がセットされています。
初回500円で、送料も無料で試すことが出来るのでとてもオススメです。
冷凍の状態で届くので、食材の管理も便利です。

 

パルシステムの「赤ちゃんも安心セット」の詳細はこちらから。