減塩食・塩分制限食の重要性とおすすめ宅配サービス

高血圧症と医師から診断された場合、多くの場合食事メニューの改善と栄養摂取においての指導がされます。
塩分が高い食事が多い人は高血圧になりやすいと言われていることもあり、高血圧と診断された場合は毎日の食事の見直しを行う必要があります。

 

まず、そもそも高血圧症とはどのような病気なのかをまとめます。

 

高血圧症とはどんな病気?

高血圧症は、自覚症状を感じにくいといわれており、病状の進行がわかりにくいと言われています。
気づいた頃には症状が進行している状態、ということが多いそうです。

 

成人した日本人の内、30%程度は高血圧だとも言われているほど、日本人に多い症状です。

 

なぜ高血圧症が危険なのかというと、心臓病や脳卒中はを始めとした重大な病気病気を引き起こす原因とされている点です。

 

高血圧が発端となって発症するとされている病気は、狭心症・心筋梗塞・大動脈瘤・心肥大・心不全などがあります。
腎臓系の病気も発症するとされており、腎硬化症・腎不全や腎炎などの危険性もあると言われています。

 

また、非常に怖い脳の病気も発症する確率も高めると言われています。
脳卒中や脳梗塞、クモ膜下出血などのリスクも高める可能性があります。
国立循環器センターも高血圧のリスクについて発表しており、塩分の過剰摂取は血圧が高くなることに関するリスクが認知されています。
■該当のページ:http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/treatment/low-salt.html

 

命に重大な危険をもたらす多くの病気のリスクを高めるとされている高血圧症を予防すること、症状の軽減をするためにも、食事の改善は必要と言われています。

 

海外と比較しても日本人は塩分の摂取料が多い

外国の一般的な食事の1日の塩分摂取量は1日6グラム未満なのが当然とされている中、日本の成人が摂取している塩分量は海外と比べても突出して高い平均値と言われています。
男性の平均摂取量は11.4グラム、女性は9.6グラムと非常に高い数値となっています。

 

外国と比べて日本人に高血圧の人が多いのは、このような結果にもその要因が現れていると言っても過言ではありません。

 

2015年に厚生労働省が改定した食事摂取基準値では、2010年版の食事摂取基準値で示された男性9グラム未満、女性7.5グラム未満という数値が、男性8グラム未満、女性は7グラム未満に改定されました。
しかし、摂取量の現実を見ると、先程記述したように、男性は約11グラム、女性約9グラムと、基準値よりも非常に高い平均値となっています。

 

子供の頃から疑いもなくとって来た食事ですから、なかなか見直す機会がないという人が多いと思いますが、高血圧症になってしまう前に予防と改善を心がけて食事の見直しをすることが我々日本人に迫られていると言っても良いのではないでしょうか。

 

高血圧の人は、塩分摂取量を1日6グラム未満、一般の男性は9グラム未満、女性は7.5グラム未満に抑えられるような食事に変更する方が良いと考えられますが、まだ高血圧症になっているわけではなくても、1日6グラム未満の塩分量にするようにすることが高血圧症を予防する1つの要素となります。

 

毎日何気なく食べている食事の塩分量をしっかりと数値化し把握し直すことが必要ですが、なかなか塩分量を把握するのは難しいのも実情です。

 

塩分は必要!だけど過剰摂取は命取り

日本人は、漬け物や味噌汁など塩分が多く含まれている食品を当たり前のように摂る食文化があります。
寒い地方では塩分量が高い食生活を送っている家庭が多いと言われていますが、日本全体が総じて塩分を多く摂っている食生活に寄っていると言っても過言ではありません。

 

夏の暑い時期は、汗をかきますから塩分の摂取は需要です。
特に汗を良くかく仕事の人は、塩分を摂取しないと体調不良に見舞われたりもしますから、必要な栄養素ではありますが過剰摂取は健康に害があります。

 

子供の頃から味の濃い料理を食べている人は、塩分量を落とした食事を食べると物足りなさを感じる人も多いと思いますが、塩分量を落とすことで食材本来のおいしさを味わうことができますし、数日間塩分の低い食事を継続することで味覚が慣れてきて、塩分制限した食事でも物足りなさがなくなって行きます。
むしろ、塩分制限食を食べ続けた後に、過去に自分自身が食べていた塩分量の料理を食べると、非常に塩辛く感じるはずです。
「今までこんなにしょっぱいものを食べていたのか!」と驚くことでしょう。

 

塩分の物足りなさは一時的なものです。
一度、味覚をリセットするつもりで、塩分量をコントロールした食事に切り替えてみるのがおすすめです。

 

肉体労働の方やスポーツをする人など、デスクワークの人よりもカロリーを必要とする場合、摂取するカロリーが高くなってしまうのは仕方がないことですが、食べる量が増えると、塩分量に気を配らないと過剰に塩分を摂取してしまうことになるので、いっぱい食べる人ほど塩分量には気を使ってケアするようにしましょう。

 

具体的に塩分制限ってどうやるの?

塩分を制限した食事に切り替えたいけど、塩分量って実際にどうやってコントロールすればいい?と困ってしまう人も多いと思います。

 

1日6グラム以下を目標とするべきですから、3食食べる人の場合は1食あたり2グラム以下に設定することになります。
2食の方の場合は、1食あたり3グラム以下に設定すればいいですが、無理に1日6グラムを摂取する必要も無いので、1食当り2グラム×2食=1日4グラムの摂取量でも問題ないといえます。
全く摂取しないのは問題がありますので、医師からの特別な指導がない限りは完全カットするのは避けましょう。

 

食べる量を減らすことで塩分制限できる

家族と一緒に同じ料理を食べる場合は、家族全員の料理を適切な塩分量に見直しした方がいいと言えますが、そうもいかない場合で塩分が高い料理を家族と共有する場合は、食べる量を減らすことでも、単純に塩分摂取量を減らすことができます。
塩分量を減らして味を変える、という方法ではなく、食べる量自体を減らすという方法です。
食べる量が減るということは、不足する栄養素が出て来る可能性もあるので、味付けをしていない野菜を食べるなどして、補っていくのがおすすめです。

 

塩分の濃さを抑える方法

料理に含む塩分自体を抑えることで、コントロールするのが一般的な方法です。
外食をする場合は、メニューに記載されている塩分量をチェックして、1食当りの塩分量が2グラム以下のものだけを選ぶようにしましょう。
自炊の場合は、1食で食べるおかずや主食を調理する際に、予め塩の量を図って、全てのメニューを総合して、図った塩のみしか使わないというようにすることで把握できます。
味付けに醤油を使うと、その分塩分量が向上してしまうので、醤油やめんつゆなど、調味料に含まれている塩分量も測定する必要があります。

 

醤油や味噌、めんつゆなど、塩分量を計測するのは難しいと思いがちですが、醤油やつゆなどにも、100グラム当りの塩分量が記載されていますので、料理をする前に料理の材料や調味料を図って、塩分量を計算機で計測することで完全に把握することができます。
ソーセージなどの加工食品も、予め塩分が含まれているものが多いので、過去食品は使わないようにするか、その食品の塩分量も同様に塩分量を算出することが必要になります。

 

普段食べている食品の塩分をチェックしましょう!

現在、お店で購入できる食品には、消費者庁によって決められた栄養成分表の表示が義務化されています。
栄養成分表上には、食塩相当量という欄で塩分量が把握できます。
前述したように、普段から食べている食品や調味料の塩分量を栄養成分表を改めて確認し、普段自分が作る料理はどれだけ塩分を使っているのか?ということを、一度でも算出してみるとどれだけ塩分を使っているのかが把握できます。
サラダ中心の食生活で健康的だと思っている人だとしても、ドレッシングで塩分量が高い人もいます。
普段から同じものを繰り返し食べている人は特に塩分量の見直しを行った方がいいかもしれません。

 

塩分制限食に切り替えるためのオススメの方法

減塩食に切り替える際、家族がいる場合は同じメニューを食べることになりますので少なからず家族にも影響があります。
家族全員が食べるおかず自体を減塩してしまうと、しょっぱいもの好きな家族からクレームが…という事例も少なくないようです。
そんな問題を対処するには、家族全員で塩分コントロールするか、家族全員共通のおかずと、個々に異なるおかずを用意するのが良いでしょう。
おかずを作る労力が倍になりますが、味付けする前に別の鍋、フライパンに分けて、2通りの味付けを行ってそれぞれに提供するという形がおすすめです。

 

前述したとおり、一番良いのは家族全員で適切な塩分量に変更して行くのが良いので、少しずつ塩分を抑える食生活に切り替えて行くようにすると良いです。
料理を作る人は、家族に内緒で塩分を控えて作るよりは、塩分コントロールの重要性をしっかりと解説、相談して食生活を見直したからこそ、塩加減が低くなったということを全員に把握して貰う方がおすすめです。
意識も変わりますし、余計な気持ちすれ違いも生まれません。

 

また、一人暮らしの人の場合はもっと簡単にコントロールできます。
普段から外食が多い人や、外食で注文する際に、メニューの塩分表を確認することがおすすめです。
現在では、大手の外食チェーンでは大体どのメニューにも栄養成分表が記載されていますから、チェックして1食2グラム以下のものを注文することで制限を図れます。
注意点としては、1食2グラム以下だけれど、醤油やケチャップなどを大量にかけたり、1回の食事で2人前を食べてしまうと無意味になってしまうので、その点も忘れずに計測して塩分コントロールしましょう。
大手のレストランチェーンなどは、どのメニューもプロの管理栄養士が設定したメニューなので栄養バランスも良く、塩分も過剰に摂取しないようなバランスを保っていることが多いですが、念のため自分で確認する癖をつける意味でも、毎回チェックしましょう。

 

1人暮らしの食生活の場合、自炊するよりもコンビニやレトルト食品などがほとんど、という人も多いのでは無いでしょうか。
昨今のコンビニのお弁当も、管理栄養士が栄養バランスに目を光らせて設定しているメニューが多いので、過剰に塩分を摂取してしまうようなお弁当などは無いと考えられますが、毎回購入する前に成分表は確認するようにしましょう。
塩分を控えるのと同時にダイエットもしたいと考えている人は、カロリー量もチェックするように癖をつけると、今まで何気なく食べていたお弁当がどれほど高カロリーだったかも把握できるのでおすすめです。

 

 

自炊で減塩食を作るのは大変…という人におすすめのサービス

前述した通り、塩分制限をするためにはこれまで行って来なかったような対策が必要になりますが、健康な体を維持するには大切なことです。
しかし、仕事や子育てが忙しくて塩分まで考えて料理するまで時間を割けないという人も多いのではないでしょうか。
また、高齢者の1人暮らしは、料理をすることも難しい場合や、毎回塩分を気にして食材を買い出しに行って料理をするということ自体大変…、という人もいると思います。

 

そんな方におすすめの塩分制限食があります。

 

人工透析を受けている腎臓病の人も利用しているたんぱく質制限食や、糖尿病の予防・症状の軽減を目的とした人が利用している糖質制限食は、塩分のコントロールもされており、1食あたり2グラム以下に設定しています。
塩分を制限したりたんぱく質を抑えたりしているから、味が美味しくないのでは?と先入観を持ってしまう人もいるかもしれませんが、そんな心配は不要です。
美味しい食材を使い、プロの管理栄養士が設定したレシピから作られた減塩食は非常に美味しいと評判です。

 

減塩食を提供しているサービスは複数あり、それぞれの会社ごと味に個性があり、値段も異なります。
安さで選んでも良いですし、和食が好きな人は和食に強い会社の減塩食を選んだり、と塩分制限を行いながら毎日の食事の楽しみを損なわない食生活を送ることができます。

 

減塩食の宅配サービスの内容

減塩食・塩分制限食の宅配サービスは、毎日配達してくれるサービスもありますが、冷凍弁当のものがおすすめです。
冷凍弁当は味が落ちるのでは?と心配する人もいるかもしれませんが、現在は以前の冷凍技術とはまったく異なり、冷凍されたものも作りたてのような美味しさで味わうことができます。
味にこだわる男性や高齢者も満足できる味が宅配食でも味わえます。
添加物を使用しないようにしている会社も多いので、塩分のケアと同時に添加物を摂らない食生活にシフトすることも期待できます。

 

冷凍宅配食の弁当だから冷凍庫に長期間ストックしておける!

冷凍のお弁当なので、賞味期限が約半年ほどあります。冷凍庫に保存しておけばいつでも食べたいお弁当をレンジで温めるだけですぐに食べられます。
どのお弁当も塩分制限されていますから、1日三食そのお弁当を食べることで完璧な塩分制限を行うことができます。
仕事が忙しいときには、夜遅くに帰ってきてからわざわざ料理を作らなくても良いですし、職場にレンジがあるのであれば冷凍弁当を持ち込んで昼休みに温めるだけでランチとして食べられるのも大きなメリットです。

 

また、急な用事などで夕食の準備ができない!というときの家族の食事としても使えるのが便利です。

 

塩分を控えた食事なので、血圧が気になる高齢者の介護食としても役立ちますし、糖質制限と塩分制限がサれている宅配食の場合は血糖値が気になる方の食事としても利用できるので様々な面で役立ってくれます。

 

 

 

 

 

 

減塩食をお探しなら宅配食事の「ウェルネスダイニング」がおすすめ!

 

宅配食事|ウェルネスダイニング

 

減塩食を家庭で調理するのは、とても難しい点も多々あります。
そんな悩みを解決してくれるのは、食事宅配サービス「ウェルネスダイニング」です。

 

こちらでは、塩分制限がある方のメニューにも対応してくれます。

 

ウェルネスダイニングの減塩制限メニュー

塩分を控えてもしっかり味付けで美味しい

塩分制限メニューの特徴は、塩分制限があってもだし汁や香辛料を上手く使うことで、美味しく食べられる味つけになっている点です。

 

塩分を控えたくても、味がしないのでは長続きがしませんが、食事宅配サービス「ウェルネスダイニング」なら、こうしたメニューの工夫を行っているので、味わいながら塩分制限を可能にしてくれるので、継続しやすくなります。

 

飽きない和・洋・中のメニュー

また、肉や魚を主食として、和洋中にも対応している塩分制限メニューですので、毎日食べても飽きが来ないのが特徴です。

 

管理栄養士監修の献立で彩りも豊か

管理栄養士が、しっかりとした塩分制限をした上でメニューを管理しているので、こうした減塩食を提供することが出来るので、安心して家庭で食べることが出来ます。
様々なメニューがあることで、飽きが来ずに色んな料理を味わうことが出来るので、減塩食といっても飽きが来ずに長く継続できるのが魅力です。

 

食事宅配サービスでも「ウェルネスダイニング」は、このように長く続けられるために工夫が行われているので、減塩を目指す方に最適です。

 

宅配食事|ウェルネスダイニング公式サイト

減塩食対応のおすすめ宅配食事

宅配食事|ウェルネスダイニング

ウェルネスダイニングの減塩食

塩分制限メニュー(7食4,860円〜)(300kcal以下、塩分2.0g以下)

ウェルネスダイニングのトクホ味噌汁
トクホのお味噌汁 (60食8,400円〜)
塩分は1.1〜1.2gで収めながら野菜を4種類入って美味しく食べられるように工夫されたトクホの味噌汁です。
血糖値が気になる方、塩分を控えたい方に役立ちます。

価格※税込 1食あたり694円〜
評価 評価5
配送・送料 全国宅配対応/送料700円・定期便350円

宅配食事|
わんまいる

わんまいるの減塩食

健幸ディナーお試しセット5食分3,480円〜(1食あたり696円)
健幸ディナー通常セット5食4,100円〜(1食あたり820円)
健幸ディナー定期購入5食分3,480円〜(1食あたり696円)

健幸ディナーは1食あたり平均カロリーを400kcal以下、塩分も3.5g以下のメニュー

価格※税込 1食あたり696円〜
評価 評価5
配送・送料 全国宅配対応/基本送料918円

宅配食事|おまかせ健康三彩

おまかせ健康三彩の減塩食

塩分コントロールコース7食分4,891円〜(1食あたり699円)
塩分1.5〜1.8g以下


おためしセット3食分2,052円〜(1食あたり684円)

価格※税込 1食あたり699円〜
評価 評価5
配送・送料 全国宅配対応/送料670円・お試しセット送料無料〜

宅配食事|彩ダイニング

彩ダイニングの減塩食

カロリー・塩分調整コース
おためし7食セット4,193円(1食あたり599円)
定期便7食セット4,355円(1食あたり622円)

カロリー250kcal以下、塩分も2.0g以下

カロリー・塩分調整コースは1食分を599円で注文可能※別途送料

価格※税込 1食あたり622円〜
評価 評価5
配送・送料 全国宅配対応/送料700円・7食以上で送料無料