無理なく健康的に痩せたい方向けのダイエット食の宅配食事

 

宅配食事サービスは健康的なダイエットをサポートするダイエット食向けメニューを用意しているサービスも増えています。

 

今や国民病とも揶揄されている肥満、食生活の乱れによってカロリー過多となり、ダイエットに励んでいる人口は、年々増加傾向にあるといわれています。
肥満は見た目に美しくないだけではなく、あらゆる疾患の引き金となってしまうので、適正な体重に整えることは健康で長生きするためにも重要なことなのです。

 

巷には様々なダイエット方法が溢れかえっていますが、やはりリバウンドなく健康的に痩せるには、毎日の食事を見直すことがカギを握っており、摂取カロリーを抑えなければなりません。

 

栄養バランスを考えたうえでカロリーを抑える食事を毎日用意するとなると、とても大変です。
宅配食事サービスはそんな、自分で作り続けるのが、少し大変なダイエット食向けの専用メニューも用意されており、忙しい方でも利用しやすいのが特徴です。

 

ダイエット食におすすめの宅配食事通販ランキング

宅配食事|ウェルネスダイニング

ウェルネスダイニングの特徴

食生活の改善を目指したい方におすすめ
健康気配り宅配食(7食4644円〜)(300kcal以下、塩分2.5g以下)

しっかりとカロリーを制限したい方向け
カロリー制限メニュー(7食4,860円〜)(240kcal以下、塩分2.5g以下)

カロリーと塩分を制限したい方向け
塩分制限メニュー(7食4,860円〜)(300kcal以下、塩分2.0g以下)


糖質制限にも役立つ低糖質・低カロリーごはんと味噌汁
低糖質・低カロリーごはん(12食2,340円〜)
トクホのお味噌汁 (60食8,400円〜)

※ごはんと味噌汁は送料通常注文で540円・定期便は送料無料

価格 7食セット4,644円
1食あたり663円〜
評価 評価5
備考 全国宅配対応/送料700円・定期便350円

食宅便 カロリーケア1200の特徴

食宅便のカロリーケア1200コースは日清医療食品が提供しているダイエットにおすすめの宅配食です。
一食あたり、おかず5品がセットになっているカロリーケア1200コースは、ご飯100gと併せても1食当たり400kcal以下に設定されています。

毎日一食を置き換えるダイエットにおすすめ!
食宅便の宅配食は冷凍の状態で配送してくれるので、1週間分を注文しておいて夜のご飯をいつものご飯を置き換えるだけで、普段の食事の摂取カロリーより少ないカロリー量の食事を摂ることができます。
無理なくダイエットを行いたい方にとてもおすすめです。

価格 7食セット4,340円
1食当たり620円
評価 評価5
備考 1配送当り送料350円

宅配食事|
わんまいる

わんまいるの特徴

健幸ディナーお試しセット5食分3,480円〜(1食あたり696円)
健幸ディナー通常セット5食4,100円〜(1食あたり820円)
健幸ディナー定期購入5食分3,480円〜(1食あたり696円)

※お試しセットは送料無料、定期購入はいつでも解約・休止と再開が可能
※1食あたり平均カロリーを400kcal以下、塩分も3.5g以下

価格 5食お試しセット3,480円
1食当り696円〜
評価 評価5
備考 全国宅配対応 おかずごとに個別包装(湯せん温め)

宅配食事|おまかせ健康三彩

おまかせ健康三彩の特徴

カロリーコントロールコース7食分4,891円〜(1食あたり699円)
カロリー205〜269kcal以内

おためしセット3食分2,052円〜(1食あたり684円)

価格 1食あたり699円〜
評価 評価5
備考 全国宅配対応/送料670円・お試しセット送料無料〜

ニチレイフーズダイレクト 気くばり御膳コースの特徴

ニチレイフーズダイレクトの気くばり御膳コースは一食当り3種類から6種類のおかずが1食にセットされている宅配食で、1食平均239kcalに設定されており、ダイエットをしたい方の食事としておすすめです。
冷凍で配送されるのでレンジで温めるだけですぐに食べられる手軽さや、製造日より9ヶ月という長期間の保存が可能なので買い置きにも適しています。

冷凍食品メーカーだからこその味!
冷凍食品で有名なニチレイだからこそ再現できるおかずの美味しさが魅力です。
お肉や揚げ物も盛り込まれているにも関わらず低いカロリーに設定されているという点も魅力のポイントです。

価格 7食セット5,600円
1食当たり800円
評価 評価5
備考 5000円以上の購入で送料無料

宅配食事|美健倶楽部

美健倶楽部 BC400コースの特徴

フルセット
20食16,260円1食あたり813円
ご飯無し20食15,440円1食あたり772円

お試しセット
3食2,480円1食あたり827円
5食3,980円1食あたり796円
10食7,820円1食あたり782円
ご飯無し5食3,790円1食あたり758円

メニューはご飯を含めても400kcal以内、おかずだけなら240kcal前後で厚生労働省が推奨する栄養摂取基準に基づいた、BC400の食事メニュー

価格 1食あたり772円〜
評価 評価5
備考 全国宅配対応/送料650円〜
彩ダイニングの特徴

カロリー・塩分調整コース
カロリー250kcal以下、塩分2.0g以下

おためし7食セット4,193円(1食あたり599円)
定期便7食セット4,355円(1食あたり622円)
その都度注文1食599円
※おためし、定期便は送料無料

価格 1食あたり622円〜
評価 評価5
備考 全国宅配対応/送料700円・7食以上で送料無料

 

宅配食でダイエットを実践!体験レポート

ダイエット食として活用できる宅配食をセレクトし、実際にダイエットを成功することができた体験レポートをご紹介します。
まず、ダイエット宅配食でダイエットする前のレポート筆者(女性)の体重は53キロでした。
普段は運動などを特にせず、デスクワーク中心の生活だったため、年齢と共に以前よりも体重が増えてしまった…と自分の体の変化に気づき始めていました。

 

ジムなどでの運動も良いとは思いましたが、仕事が忙しくなかなか時間を作れないということもあり、まずは食事メニューの改善から着手することに。

 

糖質制限やカロリー制限をしながらも、栄養バランスの良い食生活に切り替えることができるという理由で、普段の食事を外食や自炊ではなく、宅配食のダイエット向きのコースを選ぶこととなりました。

 

筆者が候補として選んだのは3つの宅配食です。

 

1つ目が日清医療食品の食宅便カロリーケア1200コース
2つ目がウェルネスダイニングのカロリー制限気配り宅配食7食セット
3つ目がメイプルフーズの美健倶楽部BC400コース
です。

 

それぞれ1セットずつ注文し、内容はどうなのか、味は美味しいのかをチェックしてから、本格的なダイエットに挑むという計画を立てました。

 

そもそも宅配食を一度も注文したことが無かったため、どのように配送され、食べる時はどのように温めをするかすらわからなかったのですが、実際に注文してみるとメリットもデメリットもわかりました。

 

まず良い点としては、
・自分で料理を作らなくていいので料理の手間が省ける
・プロの管理栄養士が設定したメニューなので栄養バランスが良い食事が食べられる
・プロが監修したレシピの料理を毎日食べられる
・ダイエットと同時に塩分も制限できる
・冷凍保存するお弁当なので電子レンジで温めればすぐに食べられる
・洗い物が出ない
という色々なメリットがありました。

 

一方、ちょっと良くない点は
・自分が好きなものだけを食べられるわけではない
・いつも食べている料理や食事よりも量が少ない
・小包での配送なので受取の手間がある
・冷凍庫後がお弁当で一杯になる
・一人分の食事の場合は自炊するよりも多少食費が高くなる
ということがあります。

 

ですが、総合的に見ると便利な点の方が多いです。

 

ダイエット宅配食の味は?

宅配食事|ダイエット食

 

ダイエット食として利用していくなら、味が重要だと思います。
もしも美味しくない宅配食だったら、きっとあっという間に挫折してしまう…ということは予測が付いていました。
普段から食べていた食事とカロリー制限宅配食の大きな違いは、味の薄さだと思いました。
普段からラーメンなどの塩加減が強いものを好む傾向があったので、普通の人よりも塩分を好むということは自負していましたが、やはり塩分も抑えた健康的な食事を食べてみると味の薄さ=自分が好む食事の塩分量の高さに気づきます。
しかし、最初は味が薄く感じていましたが、3日目くらいから慣れてくることに気づきます。
4日目には素材そのものの美味しさが分かるようにもなってくるほど、味覚が変わってくるので物足りなさを感じなくなります。

 

個人的な味の好みで比較すると、味が美味しいと思った順位は
1位:日清医療食品の食宅便カロリーケア1200コース
2位:ウェルネスダイニングのカロリー制限気配り宅配食7食セット
3位:メイプルフーズの美健倶楽部BC400
でした。

 

特に、食宅便は肉類や魚類もしっかりおかずに含まれているのにカロリーが低いので普段食べている食事や好みのおかずと大差なく食べられるので良かったです。
むしろ自分で作るよりも美味しかったようにも思えます。
ウェルネスダイニングのお弁当はかなり薄味に感じましたが、すぐに慣れていきます。おかずも美味しいので全然苦になりませんでした。
メイプルフーズの美健倶楽部BC400はおかずによっては苦手なものもあったりしたのですが、普通に食べられました。

 

コスパは良い?

運動などで集中的に行うダイエットとは違って、長期間に渡って着実に実行するダイエットの場合は、やはり継続して行っていかなくてはいけません。
そのためには長期間食べ続けられる味の良さも重要ですが、コスト面もとても重要なポイントです。

 

宅配食を使ったダイエットはお金がかかりすぎるのでは?という不安もありましたが、結果から言うと自炊や外食をしていた頃と大きな差はありませんでした。
ご飯が付いていない宅配食もあるので、自宅でご飯だけを炊いたり、レンジで温めるご飯を買っておく必要がありますがおかずだけのセットで考えても外食よりも安く済みます。

 

価格でランク付けをすると

 

1位:食宅便(ご飯なし) 1食当たり620円
2位:ウェルネスダイニング(ご飯なし) 1食当たり694円
3位:美健倶楽部BC400(ご飯付き) 1食当り813円

 

という順位になります。
ご飯を別途購入したとして、プラス150円を加えたとしても食宅便が一番安かったです。
ご飯も温めるご飯を購入したと計算すると1食当たり770円ほどになります。
外食で使っていた価格と大差がないことがわかりました。
コンビニなどで購入できるお弁当はワンコインで購入できるお弁当もあるので、少し高く感じますがカロリー制限や塩分制限などが行き届いているということを考えればOKという感じです。
セブンイレブンが提供するセブンミールでもお弁当の宅配サービスを提供しており、ご飯が付いても600円程度で購入できるものもありますが、毎食ごとの配達なので毎食ごとに受け取ることが難しいので諦めました。

 

送料や宅配時の不便さはある?

今回試してみた宅配食サービスどれも、冷凍された状態で宅配業者さんが届けてくれます。
7食1セットごとに配送してくれるので毎日受け取るという不便はありません。
毎週頼むのが面倒という場合は、2セット一気に注文するということも可能です。

 

最近ではコンビニ受取や出張所止めなどで受取に出向くこともできますが、1セット配送のダンボールは結構な大きななので自宅で受け取る方がおすすめです。
最近ではオフィス街で受け取ることができるサービスなどもあるので、職場でそのお弁当をランチとして食べるのには良いと思いますが、職場の近くで受け取って電車で帰ろうというのは止めた方がいいと思います。

 

自宅に配送して貰った後に、1つ困ったことに気が付きます。
どれも冷凍保存する必要があるので、冷凍室が小さい場合はお弁当で冷凍庫が埋まってしまいます。
入り切らない!というトラブルも起こりうるので、その心配がある場合は1週間に一回ごとの配送で注文するのが良いと思います。

 

送料が安い順で比較すると
1位:食宅便 1回配送ごと350円
2位:ウェルネスダイニング 通常配送600円
3位:美健倶楽部BC400 1回配送650円
と、食宅便がもっとも安く済みます。

 

温めの手間・容器は?

料理を作る手間を省ける便利さは嬉しいですが、宅配食によっては、プラスティックトレイに盛り付けられている状態で後は温めるだけ、というものもあれば、おかずそれぞれが個別包装されているのでそれぞれ個別に湯せんしたり温めて盛り付けるという必要があるものもあります。
どうせならできれば簡単に温めることができるすぐに食べられるものが良いと考えていたので、結果的に食宅便がもっとも便利に感じました。

 

食宅便とウェルネスダイニングは、お弁当の様になっていてレンジで温めるだけですぐにそのトレイのまま食べることができます。
一方、美健倶楽部BC400コースはおかず一品ずつ個別包装されているのでお皿に盛り付ける必要があります。

 

トレイに入っているものはゴミが増えてしまうというメリットがありますが、おかずごとに個別包装されている美健倶楽部BC400のようなタイプはお皿が必要になるので洗い物の手間ができます。

 

ゴミを増やしてしまうのは心苦しいところもありますが、時間短縮と洗い物の手間なども考慮した結果、
1位:食宅便
2位:ウェルネスダイニング
3位:美健倶楽部BC400
でランク付けしました。

 

お弁当のトレイではなんだか味気ない!と思う場合は、お皿に盛り付けることでまるで自分が作ったかのような食事に見せられるのでおすすめです。

 

量は満足できる?飽きは来ない?

 

ダイエット宅配食を切り替える前に感じていたことの1つとして、一食当りの量はどれくらい減るの?という疑問でした。
カロリー制限するということはやっぱり量も少ないのでは?と思っていましたが、コンビニの大きなお弁当よりもたしかに量が少ないとは思いますが、おかずの品数が多い食宅便などは量の少なさを感じませんでした。
美健倶楽部のBC400コースは汁物がセットになっているので、スープ系が欲しい人にとっては嬉しいと思います。ですが、レトルト系のスープを常備している場合はカロリー制限外になりますがそれで事足りる気もします。
男性の場合はやはりコンビニの弁当と比べて少なく感じてしまうかもしれませんが、女性や高齢者の場合はちょうどいいと思います。

 

また、毎日一食はダイエット用の宅配食に切り替えるということで、同じようなメニューばかりで飽きが来るのでは?という心配もしていましたが、実際に食べてみた所まったく飽きは感じませんでした。
特に食宅便のメニューは7食セットの場合毎日異なるジャンルのおかずや違う食材の食事を楽しむことができるので、むしろ満足度は高いです。

 

量の面やメニューのバリエーションの豊富さ・多様さで比較すると
1位:食宅便
2位:ウェルネスダイニング
3位:美健倶楽部BC400
というランク付けをしました。

 

副菜の数の多さで色々なものが食べられるので、普段自分で選んでいる食事よりも豊かな食生活を実感できました。
食宅便はご飯が付属していないので、ご飯を別に用意しなければいけないのが面倒だなと当初思いましたが、1週間に一度まとめてご飯を炊いておいて、7食分小分けにラップにくるみ冷凍庫に入れておけば問題ないと感じました。

 

その他のダイエット向き宅配食サービス

 

今回は試していない宅配食の中にもカロリーを制限した食事セットが用意されているサービスがあります。
メディカルフードサービスが提供しているMFSカロリー制限食やワタミの宅食まごころ御膳、ニチレイフーズダイレクトの気くばり御膳なども良いと思います。

 

ワタミの宅食まごころ御膳は量的にもコンビニのお弁当と同じくらいの量なので「ダイエット中でもできればいっぱい食べたい!」という人にはおすすめです。
量が多いにも関わらず価格も安くコスパがいいのもメリットだと思います。ですが、ワタミの宅食は毎食ごとに配達してくれるタイプのものなので、毎日配送時間に自宅に居ることができる人しか利用できませんし、器の返却などもあるので手間は掛かります。

 

セブンイレブンが提供するセブンミールの健康バランス御膳は安さと美味しさを兼ね備えていると思います。しかし最初の2週間位は飽きずに食べられるのですが、次第に別のものが食べたくなってしまいました。
コスパは良いと思いますが、私的には毎食ごとに受け取ることができないという点から、土日の夕食用に注文していました。
毎日一食は飽きてしまうけれど週に2回程度の利用であればちょうど良いと思います。
ご飯物も炊き込みご飯などもあったので献立は豊富だと思います。しかし味の傾向が同じせいか、私はなんとなく飽きを感じていました。
男性には好まれるセットではないかなと思います。

 

ダイエット実践後に感じたこと

ダイエット宅配食に切り替えて2ヶ月間で約4キロ程のダイエットができました。
昼に食べる量も気をつける様になったことも要因だと思いますが、お酒を飲みに行く回数は普段通りだったと記憶しています。(夜食べなかった分は休日の夕食に回しました。)
私の場合は、夕食をダイエット食に切り替える生活をしましたが1日一食入れ替えることは苦に感じませんでした。
何より、塩加減が以前と比べて薄味派になった気がします。
食宅便のお弁当はそこまで薄味に感じなかったので違和感なく食べられましたが、結果的に塩分制限ができていたんだと後から感じられました。

 

毎日の食事にしているわけではありませんが、現在も食宅便のお弁当は定期的に注文しています。
冷凍庫にストックしておけば、料理をするのが面倒な時の食事にできますし、健康的な食事を摂れるので愛用しています。
ダイエットを一度体験してから、今のところリバウンドをすることもなく生活できているのは、ダイエット食生活で自分の食生活自体が変化したことが要因か、味の好みが少し変わったことが要因かもしれません。

 

まとめると、個人の味の好みによりますがダイエットした時に活躍してくれる宅配食は「日清医療食品の食宅便カロリーケア1200コース」がおすすめです。
味も美味しく経済的で、温めも楽なので総合的に一番しっくり来ました。
食事のメニューを置き換えて痩せたい!と考えている方におすすめです。

 

 

カロリー300kcal以下のダイエット向けメニューが人気の宅配食事

 

宅配食事|ウェルネスダイニング

ウェルネスダイニングのダイエット食メニュー

健康的な食生活をサポートしてくれることで、人気の宅配食事の通販サービス「ウェルネスダイニング」では、通常メニューでも1食300kcal以下で抑えられており、さらに減らしたい方用に、カロリー制限気配り宅配食7食セットも用意されています。

 

こちらは、メインのおかずに副菜が三品付いても、240kcal以下に制限されているので、一日の摂取カロリーをかなり低く抑えることが出来ます。
味付けは素材を生かしているので薄味ながらも美味で、彩も豊かでボリュームもたっぷりあります。

 

糖質制限にも役立つのがポイント!

「ウェルネスダイニング」には糖質制限用のご飯もあるので、両方食べても一食450キロカロリー以下で抑えられます。

 

ダイエットをしたいけど、中々食生活が改善できないという方はダイエット食の専用メニューがある「ウェルネスダイニング」がおすすめです。

 

宅配食事|ウェルネスダイニング公式サイト

 

おうちごはんで上手にダイエット

 

ダイエットを成功させたい!と思う人はジムに通ったりしなければダイエットできないのでは?と思っている人もいますが、食事の見直しを継続していくことでダイエットを成功させることが可能です。
ダイエット前の普段の食生活はどれだけ偏りがあり、余分なカロリーを摂取しているかを確認することで大きな気付きが生まれます。
毎日こんなにカロリーを摂取していたの!?と自分でも驚きの数値がでるでしょう。

 

現代の日本人の食生活は脂質や油分などを多く摂取したり、炭水化物を余剰摂取していたりと乱れが多いので、それだけを改善するだけでも体重に変化をもたらすことができます。

 

まず自宅で食べる夕食はご飯を玄米に代えることをお勧めします。
肉の脂分などはなるべく食べないようにして、自分の体が処理しきれないカロリーを摂取することを徹底的に排除します。

 

よく動く仕事をしていたり、運動を欠かさない人は食事の制限をし過ぎるのは危険なので、少しずつ自分の体の様子を見ながら食事量を決めましょう。

 

毎日の食事は野菜と魚をメインにして、栄養バランスを崩さないようにします。
カロリー計算と栄養バランスの計算が面倒な場合は、宅配食のカロリー制限食を毎日のご飯として使えば、カロリー制限しながらも栄養バランスを保った食生活が送れます。
まずは1ヶ月間、宅配食のカロリー制限食を試してみましょう。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
>> 宅配食事ランキングのトップページへ戻る