コンビニ食は健康的・経済的?

コンビニ弁当

昨今のコンビニエンスストアはお惣菜やお弁当の他、比較的長期保存が可能なチルド弁当、冷凍食品が充実しています。
袋タイプのラーメンやチャーハン、餃子などの中華料理なども充実しています。

 

ダイエット中には、コンビニで買える低糖質食品としてサラダチキンや低糖質パンなども人気です。
このページではコンビニで買えるおすすめの商品と、自宅まで配達してくれるコンビニ弁当、ミールキットの魅力をまとめていきます。

 

コンビニ食に飽きたら…?

手軽においしい食事を食べたいという方にとって、自宅まで食事を届けてもらうことができる宅配食事サービスや、店頭で好みの食事を購入することができるコンビニの存在は大変便利です。

 

自分で食事を作らなくとも、おいしいものが食べられるのは大変ありがたいものですが、両者を比較してみたときに、どちらが健康的・経済的といえるでしょうか?

 

コンビニよりも宅配食がおすすめのポイントは?

コンビニが宅配食事よりも便利な点は多いです。例えば、欲しい時に欲しいモノが手に入れやすいこと、営業時間も24時間がほとんどですので、自分の生活スタイルに合わせやすいですし、近年では健康食やオーガニック系の食材も取り扱っています。

 

ただ、コンビニは好みのものを店頭で選んで購入することができますが、どうしても自分のし好に合ったものを選んでしまう傾向があります。そのため栄養素が偏ってしまう場合が多く、選ぶ内容によっては費用が掛かってしまう場合もあります。

 

ほとんどの製品にはカロリーや塩分量などが記載されているため、健康に留意したい人にとっては、こうした情報を参考にしながら選ぶ必要がありますね。

 

一方で宅配食事サービスの場合は、あらかじめ料金が決まっており、予算オーバーということはありません。

 

また栄養士などが監修している場合には、塩分量やカロリーなどを計算した上でメニューが構成されているため、バランスの良い食事をとることができます。そのため後者の方が健康的にも、経済的にも優れているということができます。

 

手軽においしい食事ができ、また健康面での配慮もあり、経済的という点から考えれば、コンビニと比較して、宅配食事サービスの方が利用するメリットはあると言えます。

 

ご家族の食事として利用する場合にはメニュー自体も偏りやすく栄養面にも不安が出てきます。
さらに保存料や着色料といった添加物への負担を考えるとコンビニの食事が中心となると、安心できません。

 

宅配食事は毎日食べることを考えて作られており、自分では作るのが難しい料理も多く用意されています。
また、単品でお好みの惣菜を注文することも可能ですので、ご家族のお好みに合わせて利用するといった方法もあり、買い出しに行く手間も減らせるため、時間のゆとりを生むことにもなるので、忙しい方にも、メリットは多いサービスだと言えます。


TOPへ