妊婦さんや授乳中の産後ママにおすすめの宅配食事

 

妊娠中・産後・授乳中など、この時期の女性は子育てに加えて家事など、心配することが山のようにあります。
中でも食事の心配がもっとも深い悩みのひとつです。

 

実家に戻ってお産をする場合は、両親がサポートしてくれる人も多いと思いますが、サポートしてくれる存在がいない場合の食事は、どうしてもコンビニのお弁当や出前などになってしまいがちです。
食事の栄養や安全性に気を使いたい時期でもありますから、栄養バランスが整っていて安全性の高い食事をとる必要があります。

 

このページでは妊娠中・産後・授乳中でもしっかりと栄養を摂り、快適な暮らしを送るためにおすすめの宅配食について解説します。

 

ウェルネスダイニングの特徴

ウェルネスダイニングの宅配食は、管理栄養士が監修した栄養バランスのよい宅配食です。 カロリーと塩分を制限している制限食というイメージを払拭するほどの美味しさがこのウェルネスダイニングの宅配食の特徴です。

価格 一食あたり663円
評価 評価5
備考 初回送料無料

美健倶楽部の特徴

美健倶楽部の宅配食はBC400低カロリーバランスのセットがおすすめです。 季節の料理や行事料理など、メニュー豊かな宅配食サービスです。 すべてのおかずが個別包装されているのも便利なポイントです。

価格 1食あたり796円
評価 評価5
備考 3日間のお試しセット有り

わんまいるの特徴

わんまいるは、旬の野菜をふんだんに使ったメニューが充実している宅配食サービスです。塩分やたんぱく質を摂取しすぎないようにする制限メニューもあります。 季節ごとのメニューを楽しめることで、食べる喜びを味わえる宅配食です。

価格 1食あたり696円
評価 評価5
備考 お試しセット

おまかせ健康三彩の特徴

おまかせ健康三彩の宅配食は、制限食のコースだけではなく、美味しいものを低価格で毎日食べられるお任せコースも魅力です。 冷凍パックで配達されるので自分の好きなタイミングで食べることができるのも利点です。

価格 1食あたり646円
評価 評価5
備考 お試しセット

彩ダイニングの特徴

彩ダイニングは制限食に特化した宅配食サービスで、高齢者をはじめ料理を作ることが難しいときや、高血圧や腎臓に難がある人の介護用に利用したい人などから高い人気を集めています。 また、他の宅配食と同様に好きなメニューを選ぶことができるのも嬉しいポイントです。

価格 1食あたり330円
評価 評価5
備考 送料無料 初回半額

 

妊娠中の食事は宅配食事がおすすめ!

妊娠中の妊婦さんはつわりが出る時期や体調の変化がある時期は、料理をすることが難しいことがあります。
しっかり栄養を摂らなければならない時期にも関わらず、おなかの大きい時期は買い物をしに出かけることも、料理をすることも危険が伴いますし、心労が蓄積しやすい時期でもあります。
この時期は無理をして料理をつくることはせずに、宅配食などを利用する人が増えています。

 

宅配食は栄養管理士がメニューを考案しているため、栄養バランスも良く、料理を作る手間も省けることが最大のメリットです。

 

産後の栄養バランスを保つために

 

産後間もない時期は、母体が正常時より疲弊していますし、栄養をしっかり摂らなければいけない時期でもあります。
しかし、産後の時期はからだのだるさや、体力が落ちていることから、すぐに家事を再開することは難しいです。

 

料理をすることも買い物に行くこともできないくらいのだるさに襲われることもあります。
その時期は、無理に料理を作るのではなく、宅配食を賢く使う方が良いでしょう。

 

産後は、食事が偏ると太りやすくなる時期でもあります。栄養バランスの取れた宅配食を食べることで、体調の維持もスタイルの維持も後押ししてくれます。

 

授乳中にも宅配食!

 

授乳中は、母体が栄養を摂らないと母乳が出ないという事態になりますから、安定して栄養を摂取しなければなりません。
授乳中ははどんなものを食べればいいの?と疑問を持つママさんもいるようですが、そんなときにも宅配食が役立ちます。

 

塩分を控えた宅配食は母体への負担も少ないのでおすすめです。

 

産後におすすめの食事を配達してくれる宅配食サービスはこちらです。
>> ウェルネスダイニング

 

 

妊娠中の体重管理の重要性

現在は、以前と違い、重要視され始めてきているのが妊娠中の体重管理です。
妊娠中は普段より食欲が上昇する傾向になりますが、食べすぎや食べるものに偏りが大きいと体重が増え、糖尿病・高血圧の心配が高まり、赤ちゃんの体にも影響がでると考えられています。
また、体重増加により脂肪が過剰についてしまうと産道を狭めることにもつながり、難産になる傾向があるといわれています。

 

特に妊娠中期には、摂取する栄養の偏りやカロリーコントロールを行って、低カロリーのものを食べるようにする必要があります。

 

妊娠中に気をつけたい食べ物

妊娠中は健康を気遣った食べ物を中心に食べるのが好ましいですが、サラダなどは体温の低下を起こしてしまう可能性もあります。
野菜を摂取する場合は、温野菜であったり、煮物にしたりする方法もあります。サラダを食べる場合でも少量にして体の冷えを招かないようにする配慮も必要です。

 

さらに、肉類などは油を極力使わない調理法で料理したものの方が摂取カロリーを抑えることができます。

 

妊娠中におすすめの宅配食サービス

 

以上のようなことから、妊娠中は食事に気遣う必要があります。
しかし、前述した通り、料理をするのが大変な時期です。

 

妊娠中でも栄養バランスを保てる美味しい食事を取るには、宅配食サービスの美健倶楽部がおすすめです。
美健倶楽部の塩分とカロリーを制限したメニューは、栄養素バランスが良いだけではなく、妊娠中の過剰な体重増加のリスクを押さえ、余計な塩分も抑えられます。

 

>> 美健倶楽部

 

 

宅配食を利用して産後のストレスを排除しましょう!

産後すぐに赤ちゃんを育てていくわけですが、初めての出産の場合、体験するすべてが始めてのことで、赤ちゃんのことを心配したり、こんなときは本当にこれで大丈夫なの?と思うような局面が数多くあります。
そのたびにストレスを多く抱えることになり、旦那さんのサポートがあってもストレスは蓄積していくばかりです。
なるべく自分以外でもできることは、お金を払ってでも依頼してストレスが溜まるのを抑えることも上手な子育ての方法でもあります。

 

特に食事は毎日食べなければならないものですから、食事の準備をしたり買い物に行ったりすることもストレスが発生する要因にもなります。

 

身近なコンビニエンスストアのごはんでもいいのでは?と考える人もいますが、コンビニのお弁当によっては合成着色料が使用されていたり、添加物が含まれていたりと懸念材料が多いのも事実です。

 

授乳中の母体に添加物を取り入れることは、結果的に赤ちゃんに飲ませる母乳にも影響があると考えてしまうものです。
その心配を排除するためにも、美味しい食事を食べることができ、しかも自分で料理しなくてもよい宅配食に頼るのが賢い選択といえます。
栄養バランスも保たれていますし、添加物の使用を行っていない宅配食であれば、健康面でも安全面でも、さらにはコスト面でも役立ってくれます。

 

産後の宅配食はコストの面でも賢い選択です

 

産後の時期の数ヶ月間を宅配食に切り替えたらどれくらいの出費があるの?と不安に思う人もいるかもしれません。
ですが、その心配は要りません。たとえば家族三人で、旦那さんと奥さん、生まれたばかりの赤ちゃんで生活する場合、赤ちゃんのミルクや離乳食ははずせないものとして、自炊した場合の夫婦二人分の食費はどんなに安くても3万円から5万円はかかってしまうものです。
朝ごはんなどは簡単に調理するもので済ませられますが、ママ本人の昼食と旦那さんとママさんの夕食を宅配食に切り替えた場合でも、30日で3万円程度で収まってしまいます。
1食あたり500円程度の宅配食が主流なので、ママさん本人の昼食と夕食を一ヶ月間注文したとしても60食×500円で3万円で収まります。
ヘルパーさんを呼んだりするよりも結果的に安上がりになりますからコスト面から考えても宅配食を利用することは賢い選択だといえます。

 

授乳中の食事のポイント

 

授乳中は、ママが食べる食事にも気を使わなければなりません。
母乳に良い食事を取ることが必須ともいえます。
母親の母乳の元となるのは、母体の血液から生成されていますから、母体が摂取した栄養素が大きく影響します。

 

油分の多い食事などではなく、塩分を抑えた和食中心のメニューが良いといわれています。
特に鉄分やカルシウムなどが不足しがちの食生活の人は、進んで摂取するようにした方がいいですが、過剰摂取は良くありません。
普段の食事で無理なく組み込める程度のバランスで食するのが良いでしょう。

 

普段から魚を食べる習慣が無いのであれば、魚のメニューを増やすのも良いといわれています。

 

また、和食中心のメニューにすることで、産後太りを抑制し、妊娠前の体系を保つことができます。

 

スイーツなども時折摂取しても良いですが、過度に糖分が高いものではなく、甘さを控えた和菓子などがおすすめです。

 

水分の摂取も重要です。体を冷やさない飲み物で、カフェインが入っていないものだけを選んで水分不足を起こさないようにこまめに飲むようにしましょう。