高血圧の食事療法

血圧の高い症状を健康な状態に変化させるために食事療法という方法があります。
主に、高血圧の軽減には食事の塩分量を減らすことが重要となります。

 

日本人の食生活は、味噌や漬物など、意外にも塩分量が高い食事も普段から摂取している傾向があります。
日本人の理想塩分摂取量は、一日10g以下とされており、多くの人はこれを超える塩分を摂取しています。

 

和食の多くには醤油をかけて食べるものが多かったり、煮物で醤油やめんつゆなどを使うことが多く、欧米人に比べて塩分摂取が多いとも考えられています。

 

最近では減塩の醤油などが販売されていますので、なるべく減塩された調味料を使ったり塩分の低い漬物に切り替えたり、野菜を摂取する際は塩分を含むドレッシングなどは控え、生のまま食するのもひとつの減塩方法ともいえます。

 

塩分を控えた料理では物足りなさを感じる人も多いと思いますが、次第になれていきますのですこしづつ塩分量を減らした料理に切り替えていくことが高血圧を防ぐ最大の予防法になります。

 

特に日本人のソウルフードである味噌汁ですが、多くの人は出汁に対して味噌の量が多すぎる傾向にあります。
老舗の旅館の懐石料理などが良い例ですが、出汁の味を際立たせるために味噌の量は極力少なくしていることが少なくありません。

 

出汁の味を邪魔することなく、美味しい出汁の香りを楽しめながら味噌の風味を味わえる程度が塩分を控えながらも美味しい味噌汁を味わうコツです。
市販の味噌汁などは味噌や塩分が過剰にも関わらず、それに慣れてしまっているのが現代の日本人の味覚です。

 

和食は体に良いと世界でも注目を浴びていますが、塩分量のコントロールを行わないと逆に健康を害することにも成りかねないので、今一度普段から摂取している食事の塩分量を見直してみることが大事です。

 

高血圧の方におすすめの宅配食

高血圧に悩まされているけれど、普段の食事をどのように塩分コントロールしたらよいかわからないという人も少なくありません。
毎回の食事の栄養管理を行うのは大変!という方は、宅配食サービス・ウェルネスダイニングの塩分制限食コースがおすすめです。

 

ウェルネスダイニングはプロの栄養管理士とプロの料理人が作った料理なので、栄養バランスを保ちながら美味しい食事が味わえる宅配食です。
塩分を控えているといっても、病院の入院食のようなものではなく、家庭的な味のおかずと主食をしっかりと満足いくほど味わえる宅配食なので、療養中の方はもちろん、普段料理を作る時間がない忙しい方やOLさんやサラリーマンなどにも愛用者が多い宅配食サービスです。

 

塩分制限食コースはお試しセットもあるので、1週間美味しさと塩分を実感してみるのもおすすめです。
1食あたりのコストも安いので、自分で料理をするより、外食をするよりも安く食費を済ませることができるため、食費を抑えたいという人にもおすすめです。

 

宅配食事|ウェルネスダイニング

 

宅配食事|ウェルネスダイニング公式サイト

 

便利で美味しいおすすめの宅配食事ランキング