腎臓病食・人工透析中の宅配食事におすすめ!

宅配食事|ウェルネスダイニング

 

家族のうちの誰かが食事制限が必要になると、その家族のために特別メニューを準備しなければいけません。
別メニューを作るとなると時間がかかり面倒なだけでなく、食材なども別に準備しなければいけないので、今までより食費が高くついてしまうことも少なくはありません。

 

食事宅配サービスの「ウェルネスダイニング」は、一人暮らしをしている方や高齢者、食事制限が必要な方、ダイエットをしたい方、妊婦さんなどに宅配で食事を提供しています。

 

ウェルネスダイニングの腎臓病食向けメニュー

腎臓病が原因でたんぱく制限メニューの腎臓病食を摂らなければいけない人が家族にいるときは、この「ウェルネスダイニング」を便利に利用することができます。
ウェルネスダイニングは、1人分でも気軽に注文することができるので、安心して利用することができます。

 

腎臓病のたんぱく質制限をサポート

たんぱく制限メニューは、たんぱく質を10g以下に抑え、さらに塩分2.0g以下、カリウム500mg以下で、エネルギー不足にならないようにカロリーは300kcal以上に計算されています。

 

食事制限をしていると美味しく食べることができないのではないかと心配している方もいるようですが、パサつきがなく、味もしっかりついているので、どのような方でも美味しく食べることができます。また、冷凍保存で届くので、食べることができないときは保存をして後日食べることができるので、便利に利用することができます。

 

宅配食事|ウェルネスダイニング公式サイト

 

腎臓病食に役立つおすすめ宅配食事

宅配食事|ウェルネスダイニング

ウェルネスダイニングの腎臓病向けメニュー

たんぱく質制限メニュー(7食5,184円〜)
300kcal以上、塩分2.0g以下、たんぱく質10g以下、カリウム500mg以下

たんぱく質制限でも食べられるごはん
1/35低たんぱくごはん(30食5,900円〜)
たんぱく質0.11g・カリウム0.3mg・リン18mgの腎疾患患者用食品(特別用途食品)

魚沼産コシヒカリ100%の低たんぱくごはん(30食6,800円〜)
たんぱく質0.45g・カリウム1mg・リン25mg

価格※税込 1食あたり741円
評価 評価5
配送・送料 全国宅配対応/送料700円・定期便350円

宅配食事|彩ダイニング

彩ダイニングの腎臓病向けメニュー

たんぱく質・塩分調整コース
カロリー300kcal以上、たんぱく質10.0g以下、カリウム500mg以下、リン170mg以下、塩分2.0g未満

おためし7食セット4,760円(1食あたり680円)
定期便7食セット4,922円(1食あたり703円)
1食注文680円で注文可能
※おためし、定期便は送料無料

価格※税込 1食あたり622円〜
評価 評価5
配送・送料 全国宅配対応/送料700円・7食以上で送料無料

 

腎臓に悪い食べ物とは?

腎臓は人間の臓器の中でも重要な内蔵のひとつで、その役割は非常に大切な役割を担っています。
食事から摂取したタンパク質を分解する働きをもつ腎臓は、水分や塩分を過剰に摂取したものを体の外へ排出する力を持っています。
老廃物として排出されるのには理由があり、体の中にためこんでいては正常の状態に体を保てないことから、これらの余剰なものを排出しようとします。
しかし、腎臓がこの役目を果たさないと健康状態は悪化します。

 

腎臓は尿として体の毒素を体の外に排出する役目があり、尿が出せなくなると体に毒素が回り、最悪の場合、毒素が体中を回ってしまうことにもつながります。

 

腎臓病になってしまう要因はいくつかありますが、その中でも原因とされているのが生活習慣病です。
暴飲暴食をしたり、塩分の高い食事をしていると発症するリスクが高いといわれており、発症したときには既に症状の末期状態という場合が多いです。

 

腎臓への負担が多い食生活をしていると、発症のリスクを高め、さらには改善が難しくなるので、普段食べる食事には気を使う必要があります。

 

1日の塩分摂取量は7グラム以下にするべきですが、お酒の席の集まりが多い人や、ラーメンを良く食べる人などは注意が必要かもしれません。
現代人の食生活は明らかに塩分摂取量が多く、今後も腎臓病に悩む人は減らないという見解もあります。

 

腎臓に負担をかけない食生活をすることが腎臓病のリスク軽減と共に、療養中の体の負担を軽減してくれることになります。

 

肉類の摂取を減らしたり、タンパク質が多い魚料理も控える必要が出てきます。

 

ご飯や麺類などにもたんぱく質は含まれていますので、過剰な摂取は避けたほうが良いでしょう。

 

また、塩分摂取量を減らすために、スーパーで売られている加工食品などはなるべく食べず、食材から自分自身で調理して食べる方が塩分の摂取量をチェックしやすいのでおすすめです。