一人暮らし向けの食事・宅配食サービス

一人暮らし食事宅配

 

一人暮らしの食事に関する悩みには、

  1. 食費
  2. 栄養バランスの偏り
  3. 料理の手間

という3つを挙げる人も多いと思います。

 

食費を抑えたり、健康への配慮をするなら自炊の方がいいのかも?と思っていても、料理をする時間がなかったり面倒だったりと、一人暮らしの世帯の悩みは尽きません。

 

このページでは、食費を安く抑え、コストを下げながらも健康的な食事を実現してくれる「一人暮らしにピッタリな宅配弁当」をランキング形式でご紹介していきます!

 

 

ページ後半では一人暮らしの食費を抑える節約術と自炊に役立つ知恵袋を解説しますよー!
先にチェックする場合はこちらから!


 

一人暮らし向け健康的かつ節約宅配食ランキング

美味しくて手軽に食事を用意できる一人暮らし向けの宅配食をご紹介します!

 

まごころケア食 まごころケア食

21食セットなら1食451円!
とにかく値段が安いので食費を抑えながら栄養バランスの良い食事に切り替えたい方に最適。 ごはんを別途炊いておけば男性でも十分満足できるボリューム感です。 制限食の種類が多く、カロリー調整食・糖質制限食・塩分制限食・たんぱく調整食・やわらか食があります。
価格
1食451円~
評価
評価5
備考
まごころ定期便を利用すると7食セット3,800円に割引!
セット
7食セット3,980円
普通
送料
送料無料
運営会社
株式会社シルバーライフ
感想・スタッフ口コミ・感想
お年寄りの一人暮らしにもおすすめです。噛む力が弱くなってし待った方でも食べられる「やわらか食」もあるので、高齢者の二人暮らし世帯ではそれぞれの好みに合わせてコース選びできるのでも便利ですよ!

noshnosh

通算80食利用で1食499円に割引!
ラーメンや牛丼など糖質やカロリー・塩分を過剰に摂取しがちな一人暮らしに最もおすすめの冷凍宅配弁当。

全メニュー糖質制限されているので、肥満やメタボ対策、筋トレ・ダイエットをしたいと考えているなら迷わずnoshのお弁当にしましょう!
価格
1食499円~
評価
評価5
備考
初回500円割引キャンペーン中!
セット
10食5,680円
多め
送料
760円~
感想・スタッフ口コミ・レビュー
通常であれば10食セット5,680円(1食568円)ですが、複数回利用し、通算80食利用すると会員ランクが上昇し、1食499円で買えるようになります!
一人暮らしで食費を抑えたい方は継続してナッシュを利用するのがピッタリです!

宅配食事|ウェルネスダイニング

制限食が豊富!
健康管理に気を使っている人はもちろん、一人暮らしのOLさんや学生さんからも高い人気を誇る宅配食で、乱れがちな食生活改善の強い味方!
1食あたり700円以下で美味しい家庭の味を味わえるので、外食ばかりで家庭の味が欲しくなったときには特におすすめです。
不足がちな魚料理なども食べられるお弁当です。
価格
663円~
評価
評価5
備考
セット
7食4,644円~
普通
送料
初回送料無料
定期便の場合、2回目以降350円

宅配食が一人暮らしの食事に向いている理由とは?

冒頭でも触れましたが、一人暮らしの食事の悩みの中で代表的なものは次の3つ。

  1. 食費の節約ができない
  2. 栄養バランスが乱れる
  3. 自炊は面倒くさい

宅配食ならこれらの悩みをすべてを解決してくれます。

 

これらに加えて、

  • 料理が苦手な方でも栄養管理できる
  • メタボ・糖尿病といった生活習慣病対策ができる
  • 糖質制限・カロリー管理してダイエットできる
  • 近所にスーパーが無い・遠いエリアでも自宅まで届けてくれる

など、他にもメリットは沢山。

 

年齢や環境にかかわらず、宅配食は一人暮らしの生活をサポートしてくれるので賢く利用すると健康と食費節約を実現できます。

 

 

一人暮らし世帯が宅配食を利用するメリットをさらに深堀りしていきます!


 

一人暮らしの食生活の栄養バランス改善に

一人暮らしの食事は、家族や恋人など誰かと一緒に暮らす生活と比較すると「色々な食材をバランスよく食べる」という生活よりも、簡単で安いものを選びがち。
自炊をした場合でも、一つの食材を使い切るために同じものを続けて食べたり、料理を作れないために結局外食ばかりになったり、お弁当屋・スーパーのお惣菜など、手軽さを重視して偏った食事になりがちです。

 

最近の食事宅配サービスは、健康を考えて栄養のバランスを整えたものや減塩メニューなど幅広い商品も取り扱われています。
昔は、宅配食を利用している人は高齢者、というイメージがあったかもしれませんが、現在では若い年代や働き盛りのお父さん世代の一人暮らしでも利用されています。

 

 

宅配食は毎日利用した場合でも、専門家によってきちんと献立が考えられているので、毎日違う食材・メニューを食べることができて、栄養バランスの偏りも防げますよ!


 

食事を作るのが面倒なときは温めるだけで簡単!

料理をするのはちょっと面倒というときも、冷凍タイプのお弁当があればレンジで手軽に食事を用意できます。
ヘビーユーザーはいくつかのメニューを数十食分冷凍庫に保存しておいて、夕食として食べたり土日のランチとして食べたりと用途は様々です。
外食よりもかなり安いので経済面でも節約ができます。
一人暮らしの高齢者や単身赴任中のお父さんはもちろん、OLさんやサラリーマン、学生にも愛用者がいます。
主婦の方のお昼ごはんとしてもおすすめ。

 

宅配食未経験の人によくある疑問

注文するメニューは自由に選べるの?

ナッシュや食宅便などのサービスは、献立を見て確認してから注文できます。
利用したい時に頼むこともできます。
特にナッシュの場合は好きなメニューだけ選んで複数購入も可能です。

受け取りは簡単?

宅配弁当は冷凍された状態で一括して送られてきます。
冷凍庫があれば長期保管が可能。
電子レンジで簡単に調理ができ、ストック食にもなります。食材を買い出しに行かなくても短時間でごはんが食べられます。
時短料理に切り替えると、仕事や自分のやりたいことに注げる時間がより多く確保できるので、忙しい一人暮らしにおすすめ!

一人暮らしの食費節約術【3選】

電卓を持っている女性

 

「節約するなら自炊しろ!」というのが当たり前のように言われますが、なんでもかんでも自炊すれば食費が安く済むということは言えません。

 

食べたい料理によっては外食の方が安く済むこともありますし、宅配食の方が多くのおかずを食べられることも多々あります。

 

一人暮らしの場合、自炊しても節約にならない?

一人暮らし世帯が自炊をしても、意外にも外食するのと変わらないくらいの材料費がかかります。
節約するためにスーパーなどで食材を買って料理を作っても結果的に割高になってしまう場合も。

 

特に、肉や魚は大きなサイズで買うなら割安ですが、一人で食べきれる一人分のサイズだと割高です。
野菜なども同様。加えて、調味料や光熱費なども含めると結果的に割高になる傾向があります。
材料が残れば、同じ食材を使い回さなければならず、無駄にすることもあるかもしれません。

 

一人暮らし世帯が食費を節約するには3つの方法があります。

 

宅配食を活用する
大手スーパーのプライベートブランド商品を使いこなす
節約料理をマスターする

 

栄養バランスも重視しながら、3つの食費節約術を一つずつ解説していきます!

 

一人暮らし食費節約術
【その1】宅配食を活用する

食宅便の宅配食

 

一人暮らしのサラリーマンの男性の食生活を参考に、毎月どれくらいの食費が掛かっているかを例に挙げてみます。

【月曜日】
朝食:シリアル・牛乳・バナナ・ヨーグルト = 合計約300円
昼食:会社近くの定食屋 = 約900円
夕食:吉野家の牛丼とサラダセット = 約600円

計約1,800円

【火曜日】
朝食:シリアル・牛乳・バナナ・ヨーグルト = 合計約300円
昼食:コンビニのお弁当とサラダ = 約700円
夕食:友人と外食 = 約2,000円

計約3,000円

【水曜日】
朝食:食パン1枚・牛乳・卵・ヨーグルト = 合計約250円
昼食:ラーメン屋で外食 = 約800円
夕食:帰り道のスーパーのお弁当と惣菜 =約700円

計約1,750円

【木曜日】
朝食:プロテイン1杯・牛乳・バナナ = 約250円
昼食:コンビニのおにぎり2つ・サラダ・スープ = 約600円
夕食:自炊でパスタとサラダ = 約300円

計約1,150円

【金曜日】
朝食:コーンフレーク・豆乳・リンゴ・ヨーグルト = 合計約350円
昼食:中華ランチ 約900円
夕食:同僚と食事&お酒 = 約3,000円

計約4,250円

【土曜日】
朝食:プロテイン・牛乳 = 約150円
昼食:自炊でパスタ = 約200円
夕食:ラーメン屋で外食 = 約1,000円

計約1,350円

【日曜日】
朝食:ヨーグルト・牛乳 = 約150円
昼食:友人と外食 = 約1,500円
夕食:自炊で中華料理&サラダ = 約350円

計約2,000円

おおよそ毎週、このような習慣で食事をしているAさん。
1週間にかかる食費は少なく見積もっても、合計約15,300円。
友人とのお酒の付き合いが、やや食費を上げている印象がありますが、それを抜いたとしても約10,000円です。
これを4週間繰り替えすと1か月の食費は40,000円とかなり高額。

 

このような食生活では節約できているとは言えません。
Aさんの食生活を改善して、食費削減と栄養バランスを重視した食生活に切り替えるには、まず宅配食を活用するのがおすすめ。

 

Aさんの場合は、職場エリアの外食店の価格の高さや、同僚とのお酒の付き合いもあり、昼食と夕食で外食が多いのがネックです。

 

節約&改善ポイント!
昼食で外食している日を、冷凍タイプのお弁当を持ち込んで職場のレンジで温めれば約400円の削減が可能。
夕食でも外食でラーメンを食べる日もあるので、健康にも配慮して自宅で宅配食を食べるという方に切り替えると更に約400円も削減できます。

 

これだけで1週間当たり約2,000円の削減が実現。1か月あたり8,000円です。

 

家庭を持っているお父さんが愛妻弁当を持参するように、冷凍タイプのお弁当を保冷バッグに入れて会社に持参するか、会社の冷凍庫に保管可能なら会社の冷凍庫にストックして利用するのもアリです。

 

一人暮らしの食事をコスパ面と栄養面を最適化するなら1食400円台で栄養バランスの良い食事が電子レンジで温めるだけで食べられる宅配食を活用すると、大きく節約できます。

 

 

牛丼チェーンやファストフードなどでも、外食をすると500円以上はかかり、出費もかさみがち。
食事宅配サービスなら1食400円台の価格帯のお弁当もたくさんあるので節約になりますよー!


 

一人暮らし食費節約術
【その2】スーパーのPB商品を使いこなす

西友のプライベートブランド

 

引き続きAさんの食生活を参考にすると、改善できるポイントがまだまだあります。

 

Aさんは朝食に、牛乳・シリアル・ヨーグルト・バナナ・食パンなどをよく食べていました。
同じような朝ごはんを食べている人も多いと思います。
「食費を安く済ませるなら食べない方がいいんじゃない?」と考えてしまう人もいますが、朝から頭の回転を上げ、パワフルな一日を始めるには朝食は欠かせません。
健康と仕事や学業のパフォーマンスを下げてしまっては元も子もありません。

 

Aさんの場合は牛乳やヨーグルト・バナナ・シリアルはコンビニで買ったり、スーパーで買ったりしていました。
まず、コンビニで買っているのであれば、スーパーで購入するだけでも1割から2割くらいの削減ができます。

 

しかし、それだけでは物足りません。
スーパーで購入する場合でも、大手食品メーカーの定番商品ではなく、スーパーのプライベートブランド商品(PB商品)を購入することで更に2割程度安い価格で購入できます。

 

様々なスーパーがある中、安さと品質の良さが際立っているのが「西友」です。
西友は楽天とタッグを組んで「楽天西友ネットスーパー」という宅配サービスを展開しています。

 

楽天西友ネットスーパーではPB商品の購入も可能。
下記の商品で価格を比較してみれば一目両全。

 

プレーンヨーグルト400g

プレーンヨーグルト400グラム比較

明治ブルガリアヨーグルト400gは税込149円に対して、西友オリジナルみなさまのお墨付き(PB)プレーンヨーグルト 400gは税込106円。約3割安いのがわかります。

 

Aさんの場合、1個食べきりサイズのヨーグルトを買って食べていたので、1個当たり約140円とコストが高くなっていましたが、大きなサイズを買うと100g単価を抑えられます。

 

パック牛乳

牛乳価格比較

 

牛乳も価格に大きな差があります。

 

明治 おいしい牛乳 900mlは税込 246円。
西友のPB商品  みなさまのお墨付き牛乳成分無調整 1000mlは税込189円と、明治の牛乳と比べて25%安いです。
西友の北海道牛乳1000mlでも税込213円。明治は900mlで、西友は1リットルでも西友の牛乳の方が圧倒的に安く買えます。

 

中華料理の素
Aさんの朝ごはんのメニューにはありませんでしたが、「日曜日の夕食」に自炊で中華料理とありました。

 

西友のPB商品には、クックドゥーやマルミヤなどが有名な「中華の素」もあります。
これも大手メーカーの商品よりもかなり安いです。

 

麻婆豆腐の素の価格比較

 

丸美屋・麻婆豆腐の素は、2回分で税込170円。1回あたり85円です。
味の素CookDo 四川式麻婆豆腐の素は1回分で税込167円。
一方、楽天西友の麻婆豆腐の素・ 3人前×2袋入は税込145円。1回あたり73円と安さナンバーワン。
勿論、味は引けを取らない美味しさです。むしろ大手メーカーよりも美味しいという声も多いです。

 

麻婆豆腐の素以外にも、青椒肉絲や回鍋肉の素なども同じくらいの安さです。

 

その他、ツナ缶や鯖缶などの缶詰、ハム、ソーセージなどの加工食品、卵、野菜なども西友独自の商品を用意することで、安さを維持しています。

 

安さも品質も品質も申し分なし!
食品全般の買い物を西友に切り替えて、賢い買い方を組み合わせただけで月の食費が半分近くまで安くできたのは私も驚きでした!
PB商品を活用して自炊すれば、一人暮らしでも4人家族世帯と大差ないコスパを実現できます♪


 

楽天西友は利用できるエリアが限られていますが、利用できるエリアに住んでいる場合は、賢い利用術やポイント節約術をマスターすると食費の出費を1か月5,000円以下までに抑えることも実現可能!

 

一人暮らし食費節約術
【その3】節約料理・節約飯をマスターする

一人暮らしの料理

 

一人暮らしの自炊は逆に高くなりがちだと冒頭で触れましたが、低価格な宅配食と同じくらいのコスパで作れる自炊節約メシをマスターすれば、食費をぐっと軽減できます。

 

近所のスーパーで割引されるチャンスを狙って食材を安く購入するのもアリですが、時間のタイミングや労力を考えるとなかなか手間がかかります。
もっと手軽に食費を安く済ませる方法を一度マスターすれば、毎月の食費を抑えれば、貯金もスイスイ進みます。

 

一人暮らし節約料理・節約飯のコツ

自炊で安く、美味しい料理に仕上げるには3つのポイントを抑えておけばOK。

PB商品をフル活用する
簡単に作れる手料理を覚える
食材の長持ち保存方法をマスターする

「宅配食の活用法」と「食材を安く購入するテクニック」「節約メシの作り方」をマスターすれば、Aさんのように毎月4万円もかかっていた食費を2万円以下まで抑えることも可能です。

 

まずは、前項でも解説した「PB商品」をフル活用して、食材の購入費用を安く抑えます。

 

コツは、

安い食材をネットスーパーで選んで購入

その食材で作れる料理を覚える

 

という流れがおすすめです。

 

簡単に作れる手料理を覚える

自炊はハードルが高いと思いがちですが、食材と調味料があれば料理が作れない人や苦手な人でも簡単にできます。

 

本やテレビでレシピや作り方を確認するのも良いですが、クックパッドのようなレシピサイトを利用するのもおすすめ。
男性なら、日曜の11時頃からテレビ東京系で放送される「男子ごはん」を録画して、楽しく料理を覚えていくのも良いです。

 

また、中華料理の素やカレーのルーなどに記載されている作り方レシピはあなどれません。
作り方わかりやすく書かれているので、初心者でも十分美味しい料理が作れます。

 

ここで、一人暮らし向きの激安節約料理をいくつかご紹介します!

 

麻婆豆腐・レタスのサラダ・豆腐の味噌汁の3品

手料理・麻婆豆腐

 

【メインディッシュ・麻婆豆腐の材料】

  • 西友の「麻婆豆腐の素」税込170円 1回分85円
  • 西友の「なめらかきぬ豆腐」3個パック81円 2個使用で54円

【副菜・レタスのサラダ】

  • レタス 1個 147円 1人前3分の1にカットで約49円
  • 西友のシーザーサラダドレッシング380ml 307円 1皿分約10円

【味噌汁の材料】

  • 西友の「三種のだし入り味噌 750g」 210円 使用する分は約15円
  • 西友の「なめらかきぬ豆腐」1個 27円

【主食:ごはん】

  • 北海道産 ゆめぴりか 2kg  1,111円 1杯あたり40円

 

主菜1品と味噌汁とごはんで合計の材料費は

  • 麻婆豆腐1.5~2人前 139円
  • レタスのサラダ 1人前 約59円
  • 味噌汁 1.5~2人前 42円
  • ごはん 1膳 40円

合計 280円

 

沢山食べる男性でも満足のボリューム感の食事が280円で作れます!
西友は野菜も安くて新鮮なので、キャベツやレタスをサラダ用に買っておくと便利です♪


 

食材の長持ち保存方法をマスターしよう!

食材保存

 

スーパーで食材を購入する際、一人分の使い切り食材は割高になりがち。まとめ買いの方がお得な値段で買える場合も多いです。
大きなサイズを購入しても食べ切れずに腐らせてしまったりと、一人暮らしの食材買い出しは悩みが多いのも事実。

 

ですが、食品を長持される冷・冷凍保存テクニックを使えば、食費の節約や時短調理につながってきます。

 

肉・魚の冷凍保存
肉や魚も、多くの種類は冷凍保存できるので冷凍保存で余りがちな食材も長持ちさせられます。
使いやすい分量に分けてラップに包んで冷凍すれば、必要な量だけ解凍して使えるので便利です。干物やウインナーも冷凍が可能です。

 

野菜の保存
野菜は、トマトや玉ねぎ、しょうがなどは生のまま冷凍し、ブロッコリーやにんじんは茹でて冷凍するのがおすすめです。
いずれも食材が新鮮なうちに、空気に触れないように冷凍し、早めに使い切るのがコツです。

 

長ネギは色々な料理に使うこともありますが、数日で腐ってしまったり、常温で保存すると乾燥してしまったります。
長持ちさせる保存方法は、5センチ幅に切ってタッパに入れ、冷蔵保存すると約1週間から10日程度も保存できます。

 

ごはんの冷凍保存
炊いたご飯は1食分ずつラップに包んでジップロックなどに入れると、冷凍庫で1か月を目安に保存できます。

 

一人暮らしでも健康的な食事を食べるには?

 

節約しながらも健康維持を重視した栄養バランスの良い食事を食べるには、自分で作るだけでは栄養の偏りが心配です。
栄養学など特別な知識がないと、完璧な栄養バランスの食事を摂るのは難しいのは当然です。

 

一人暮らしで栄養学の知識がない場合は、週に2回から3回の食事を管理栄養士が監修した「宅配食」を食べるのがおすすめ。

 

宅配食なら塩分や糖質を過剰に摂取することもなく、ビタミンやミネラル、食物繊維など人間の体にとって欠かせない栄養はもちろん、自炊や外食では摂取しきれなかった食材も食べられます。

 

 

食費の節約と健康のためには、自炊をメインにしながらもプロが監修した冷凍タイプの宅配弁当を活用しましょう!


 

【タイプ別】一人暮らしの食事の悩み解決法

一人暮らしの生活は、人それぞれ様々なタイプがあります。

  • 外食ばかりで食費が家計を圧迫している人
  • 仕事が忙しく、料理を作る時間がない人
  • 料理が苦手で外食ばかりで栄養バランスが偏りがちな人
  • 料理は好きだけど、上手な節約法がわからない人

など、タイプによって最適な解決法は異なります。

 

ここではタイプごとに、一人暮らしの悩みを解決する方法を提案していきます!

 

外食ばかりで食費が高くなってしまう人の解決法

外食中心の食生活の人は、自炊派の人に比べて食費の平均金額が高いという調査結果が出ています。
外食は時間は節約できますが、栄養に関する知識がないまま、気分次第で選んでいると塩分過多・糖質過多になってしまったり、お金を節約できない・貯まらないという悩みも生まれます。
改善案

 

昼も夜も外食ばかりの場合は、まずは夜だけでも「宅配食」に切り替えるだけでもぐっと節約できます!
宅食は塩分も糖質もカロリーも健康的なバランスに設定されているので、「食費」と「健康」を同時にケアしていけるのでオススメです。
「外食は月に〇回まで」と決め、まずは、価格の安い宅配食から選んで利用してみましょう♪


 

コンビニのお弁当や冷食中心の人の場合

スーパーよりも割高なコンビニに立ち寄るのが習慣になっている人は、食費が高くなりがち。
淹れたてコーヒーや新商品のスイーツなど、コンビニはついお金を使ってしまう誘惑も多いですよね。
コンビニのお弁当は500円以下で購入できるものもありますが、水やお酒を買ったりすると結局1回の買い物で800円使っていた…ということも多くなりがちです。

 

毎日コンビニで水やジュースを買うと30日で4,500円。
スーパーの価格帯で購入すれば3,000円に抑えられます。また、「出勤時の飲み物はマイボトルに入れて持参」など、自分なりのルールを作って実行すると、飲み物代は実質一か月1,000円以下に抑えることも可能です。

 

飲み物は毎日必要なのでコンビニに立ち寄りがちですが、それに付随して別のものを購入してしまうのでお金を余計に使ってしまいます。
改善案

 

コンビニに立ち寄る習慣を断ち切るだけでも、毎月の出費がかなり抑えられることに気が付けます。
「コンビニよりもスーパーで買い物をする」を徹底してみることから始めましょう!


 

何を食べていいか分からない人の解決法

家族と暮らしていたときは出されるものを食べていれば良かったという生活に慣れている人は、自分で何を食べるか決められない人も多いようです。
栄養バランスのことを考えると更に何を食べるべきなのか迷ってしまうこともしばしば。
節約と栄養面を同時に考えながら、食べたいものを食べるならナッシュの宅配食がおすすめです。
改善案

 

ナッシュは食べたい冷凍弁当を一食ずつ自分で選べることや、どのメニューも低糖質で塩分控えめなので健康面にも配慮されています。
メタボや体重が気になる中年世代や単身赴任のお父さんには特におすすめの宅配弁当です!


 

一人暮らし大学生なら学食&宅配食に切り替える

大学の学食は、一人暮らしの大学生の強い味方。安価で栄養バランスの良いメニューが揃っています。
夕食の時間帯まで空いている学食や、朝食バイキングを実施している学食などもあり、毎食のように利用できる学食もあります。
学食は価格の安さと栄養バランスの良さで外食よりも勝っていますが、メニューの選び方には注意も必要。
丼ぶりだけ、麺類だけ、といったメニューばかりではなく、主菜と副菜、汁物がセットになった定食も取り入れると、栄養バランスが整いやすくなります。
改善案

 

ランチの時間しか利用できない学食の場合は、昼は学食、夜は宅配食という組み合わせで節約&バランスの良い栄養摂取ができます。
大いに学食を利用した食生活は意外とオススメです!


 

料理は嫌いじゃないけど時間がない人の解決法

料理は嫌じゃない、料理を覚えたいけれど、買い出しや料理する時間が取れない…という方はミールキットを使うのがおすすめ。
カット済みの食材や調味料がセットになっているのでフライパンがあれば10分程度で料理が作れます。
宅配食や自前で買った食材よりも高くなりがちですが、栄養面を重視できるので◎
改善案

 

冷凍タイプのミールキットもあるので、長期保存・ストックできるのも一人暮らしにはピッタリですよー!
試したい場合はミールキット通販サービスを参考にしてみてください♪


 

とにかく面倒くさがりの人の解決法

作るのが面倒だからと外食したり、レトルトカレーやインスタントラーメンで適当に済ませたり、いっそ食事を抜いてしまったり…。
節約や栄養バランスよりも、自分が楽な方法を選んでしまいがちなのは、誰にも文句を言われない一人暮らしがゆえかもしれません。

 

めんどくさがりな方は、レンジで温めるだけで栄養価の高い食事が摂れる宅配食か、完全食にも該当する「人間に必要な最低限の栄養を摂取できる食事」を選ぶのもおすすめ。

 

仕事が多忙で食事の時間が取れない人の解決法

世の中には「食べることが一番の楽しみ!」という方もいれば、「そもそも食に興味がない」「できれば食べずに仕事に没頭したい」という方もいます。
しかし、たとえ食に興味がなくても、健康のためには必要な栄養素を摂取しなくてはいけません。
食事は極力シンプルにしたいという男性やミニマリストには、1食で必要な栄養が補える完全食がおすすめです。

 

完全食の商品で有名なのはベースフード株式会社の完全食です。

ベースフード

 

ベースフード株式会社では、1食で1日に必要な栄養素の1/3が摂れる「ベースヌードル」と「ベースブレッド」を販売しており、ブログや口コミで人気が高まっています。
ベースヌードルは別売りの特製ソースも購入できる他、市販ソースや手作りソースでのアレンジも可能。
通常のパスタやパンは炭水化物中心なので、栄養のためには「サラダやたんぱく質も摂らなきゃ」と考えなくてはいけません。

 

ベースフードなら健康を意識しなくても、麺やパンだけで必要な栄養素を補給できるのが特徴です。


 

一人暮らしにおすすめの朝食メニュー・食材

朝ごはん目玉焼き

 

一人暮らしでは「つい朝ご飯抜きになってしまう」という人も多いと思います。
食事は1日3回摂る方が栄養バランスを整えやすく、肥満や食べ過ぎも防ぎやすいと言われています。しかし、一人暮らしで毎日の朝食を習慣にするのはなかなか大変。

 

節約しながらも健康的な一人暮らしにおすすめの朝ごはんのメニュー・食材はこちら。

 

【和食】
ごはん・卵・納豆・海苔・魚(缶詰も可)・サラダ・味噌汁(インスタントも可)

 

【洋風】
食パン・シリアル・ヨーグルト・野菜ジュース・レタスやきゅうりのサラダ・チーズ
【時短タイプ】
プロテイン・豆乳・野菜ジュース・ナッツ類

 

など、すぐ食べられるものを常備しておくと、時間がなくても食べられるのでおすすめです。

 

 

和食は準備に時間がかかりがちですが、「ごはん・生卵・納豆・インスタント味噌汁」のシンプルなセットならすぐに準備できるので試してみてください。
時短タイプの場合はプロテイン代がやや高くなりますが、しっかりタンパク質を摂取しながら、野菜ジュースで最低限のビタミンが摂取できます。野菜ジュースは塩分は高めのものがあるので注意が必要です。


 

 

食事宅配ランキング


 

TOPへ