一人暮らし 食事宅配

一人暮らしの方向けの食事宅配サービス

一人暮らし宅配食事

 

一人暮らしをしていると自炊をすると意外にも外食するのと変わらないくらいの材料費がかかったりするもの。
美味しくて手軽に食事を用意できる一人暮らし向けの宅配食をご紹介します!

 

一人暮らしの食生活の強い味方!

 

ウェルネスダイニングは健康管理に気を使っている人はもちろん、一人暮らしのOLさんや学生さんからも高い人気を誇る宅配食です。
1食あたり700円以下で美味しい家庭の味を味わえるので、外食ばかりで家庭の味が欲しくなったときには特におすすめです。
不足がちな魚料理などもウェルネスダイニングのお弁当で食べられます。

 

宅配食事|ウェルネスダイニング

 

一人暮らしの食事を作るのが面倒なときにもおすすめ!

 

料理をするのはちょっと面倒というときも、冷凍のお弁当があればレンジで手軽に食事を用意できるので、ヘビーユーザーはいくつかのメニューを数十食分冷凍庫に保存しておいて、夕食として食べたり土日のランチとして食べたりと用途は様々です。
外食よりもかなり安いので経済面でも節約ができます。
高齢者や主婦の方はもちろん、一人暮らしのOLさんやサラリーマン、学生にも愛用者がいます。

 

 


宅配食事|一人暮らし

 

一人暮らしでも食事宅配はメリットがありますか?

最近の食事宅配サービスでは、健康を考えて栄養のバランスを整えたものや減塩メニューなど安心できる幅広い商品が取り扱われています。
昔は、このサービスを利用する方は高齢者が多いというイメージがあったかもしれませんが、現在では若い一人暮らしの方でも十分に利用するメリットがあります。

 

まず、上手に使えば節約にもつながる点です。
一人暮らしの方は、外食が多く出費もかさみがちです。しかし、最近の食事宅配サービスは、庶民的な価格帯のものもたくさんあります。

 

そのうえ、一人分だけを自炊調理するとしても同じように買い物に行き、それなりの材料を買い込む必要があります。

 

材料が残れば、同じ食材を使い回さなければならず、無駄にすることもあるかもしれません。

 

しかし、このサービスで送られてくるものは、きちんと献立が考えられており、毎日違うものを食べることができます。
さらに、先に献立を見て注文できますから、利用したい時に頼むこともできます。

 

また、食事宅配サービスでは冷凍で一括して送られてくる商品もあります。

 

一人暮らしの方でも冷凍庫と電子レンジがあれば簡単に調理ができ、食の心配をすることもなくなります。
そのため、仕事など自分のやりたいことに力を注ぐ時間がより多く確保できるメリットもあります。

こんな方にもおすすめ!

一人暮らし

  • 料理が苦手な方の栄養管理
  • メタボ・糖尿病といった生活習慣病に関する指摘を受けている
  • ダイエットに取り組みたいという方
  • 近所にスーパーなど買い出しする場所が無い・遠い方

 

便利で美味しいおすすめの宅配食事ランキング

 


一人暮らしにおすすめの食事は?

「一人暮らしで面倒くさがりだと、貯金しながら健康的な食事を続けるなんて無理?」いいえ、そんなことはありません!一人暮らしでも経済的でヘルシーな食事を無理なく続けるコツを紹介します!

 

乱れやすい一人暮らしの食事

あなたは今の一人暮らしの食事に満足していますか?
誰にも干渉されない一人暮らしは自由な反面、健康面に影響を与える食生活もすべて自分で管理しなくてはいけません。
できることなら「節約しながら栄養バランスの良い食事を習慣にしたい」と誰もが考えています。
しかし、一人暮らしの食生活は乱れやすいものです。
好きな食べ物に偏ったり、外食が続いたり、お菓子で済ませたり…、という経験は誰しもあるのではないでしょうか?
そこで今回は、一人暮らしで面倒くさがりの方、多忙な方でも健康的、かつ経済的な食生活にシフトできる、おすすめの食事法についての情報を紹介します。

 

一人暮らしの食事の悩みbest3

 

一人暮らしの方によくある食事の悩みは次の3つです。

 

・食費の節約ができない
・栄養バランスが乱れる
・とにかく面倒くさい

 

食費の節約ができない

一人暮らしの方に多い食事の悩みの一つが「お金を節約できない」というものです。
特に外食が中心の方は、毎日自炊をしている方に比べて食費の平均金額が高いという調査結果が出ています。
お昼は話題のランチに行く、夜はいつもお酒をオーダーする、などが習慣になっていると、節約は難しくなります。
また、スーパーよりも割高なコンビニへの立ち寄りが習慣になっている方も、食費が高くなりやすいといえます。淹れたてコーヒーや新商品のスイーツなど、コンビニはついお金を使ってしまう誘惑も多いですよね?
食費の節約は「外食は月に〇回まで」「スーパーで買い物をする」「飲み物はマイボトルに入れて持参」など、自分なりのルールを作ると実現しやすくなります。

 

一人暮らしだと食事の栄養バランスが乱れる

一人暮らしは、誰かと一緒に暮らす場合に比べて「色々な食材をバランスよく食べる」のが難しいものです。
自炊でも一つの食材を使い切るために同じものを続けて食べたり、外食やお弁当屋、スーパーのお惣菜などは好きな食べ物に偏って選んだりしがちです。
一人暮らしでも栄養バランスの良い食事を続けるコツについては、後ほど詳しく紹介します。

 

とにかく面倒くさい

最後に、一人暮らしでもっとも多い食事の悩みは、「とにかく食事の用意が面倒くさい」というものです。
作るのが面倒だからと外食したり、レトルトカレーやインスタントラーメンで適当に済ませたり、いっそ食事を抜いてしまったり…。
節約や栄養バランスよりも、自分が楽な方法を選んでしまいがちなのは、誰にも文句を言われない一人暮らしゆえといえるかもしれません。
次の項目からは、節約できて栄養バランスが良く、なおかつ面倒くさくない食事をする方法を見ていきたいと思います。

 

自分のタイプに合う方法で食事の悩みを解決しよう!

一人暮らしの方が理想の食生活を送る上で大切なのは、自分のタイプやライフスタイルに合う食事方法を見つけることです。
たとえば、料理が苦手なのに「自炊をしましょう」と言われても、それは現実的な解決法ではありませんよね?
ここからは、次の3つのタイプに分けて、一人暮らしの食事の悩みを解決する方法を紹介します。
@料理が好きな方・自炊がしたい方
A料理が面倒くさい方・料理をしたくない方
Bそもそも食に興味がない方
さあ、あなたも自分にぴったりの食事法を見つけましょう!

 

一人暮らしで料理好き・自炊がしたい方におすすめの食事方法

料理が好きな方は、ぜひ自炊をしましょう。
自炊はもっとも経済的であり、いろいろな食材を使うことで栄養バランスも良くなります。
自炊を続けていくコツは、面倒くさがりの方や忙しい方でも続けられるような工夫をすることです。おすすめの自炊方法はこちらです。
・料理の作り置きをする
・ミールキットを利用する
・食材を冷凍保存する

 

料理の作り置きは一人暮らしの食事こそおすすめ

 

最近流行りの“作り置きおかず”は、一人暮らしの方にこそおすすめの料理です。
一人分の食事を作るというのはなかなか面倒なものであり、食材も余りがちですよね。
一人暮らしの方は休日にまとめておかずの作り置きをしておけば、忙しい平日の食事やお弁当づくりが楽になります。

 

おすすめのレシピ本

『作り置きでやせぐせがつく 糖質オフバイブル』麻生れいみ著
糖質オフダイエットで1年に20kg痩せたという管理栄養士・麻生れいみさんのレシピ本です。糖質制限に興味がある方には特におすすめです。
肉や魚、卵、野菜、ドレッシングなど、掲載レシピはダイエットメニューとは思えないようなボリュームがあり、簡単で作りやすいので、私もよく参考にしています。

 

ミールキットを活用すれば時短&使い切りができる

ミールキットとは、食材と調味料、レシピがセットになったお料理セットのことです。
献立を考える必要がなく「ラクなのに手抜きに見えない」と主婦を中心に人気ですが、時短料理ができて食材の無駄がないミールキットは、一人暮らしの方にもおすすめです。
宅配通販、オイシックスのミールキット「キットオイシックス」なら、人気シェフの監修料理なども20分で簡単に完成します。
キットオイシックスは2人前から販売されているので、一人暮らしの方は2人前を購入し、1人分は作ったその日に食べて、残りの1人分は翌日の食事やお弁当に活用しましょう。

 

一人暮らしの自炊には上手な食材保存方法をマスターしょう!

食材保存

冷凍保存で余りがちな食材も長持ち

 

スーパーへ買い物に行っても、一人分の使い切り食材というのはそんなに売っていませんし、まとめ買いの方がお得な値段で買える場合も多いですよね。
購入した食品は、長持ちする冷凍保存テクニックを使えば、一人暮らしでの節約や時短調理につながります。
たとえば、炊いたご飯は1食分ずつラップに包んでジップロックなどに入れると、冷凍庫で1か月を目安に保存できます。
肉や魚も、多くの種類は冷凍保存できます。使いやすい分量に分けてラップに包んで冷凍すれば、必要な量だけ解凍して使えるので便利です。干物やウインナーも冷凍が可能です。
野菜は、トマトや玉ねぎ、ねぎ、しょうがなどは生のまま冷凍し、ブロッコリーやにんじんは茹でて冷凍するのがおすすめです。
いずれも食材が新鮮なうちに、空気に触れないように冷凍し、早めに使い切るのがコツです。

 

一人暮らしで料理がめんどくさい方におすすめの食事方法

続いて、料理は面倒なのでやりたくないという方におすすめの食事方法はこちらです。
・一人暮らしの食事は外食よりも宅配弁当
・一人暮らし大学生なら学食で食事しよう!

 

一人暮らしの食事は外食よりも宅配弁当

自炊をしなくても栄養バランスが良くて美味しい食事を続けるためには、宅配弁当がおすすめです。
nosh(ナッシュ)は低糖質専門の宅配サービスで、低糖質高タンパク質なおかずを中心に、糖質を抑えた米、パン、スープ、スイーツなどが揃い、味もおいしいと評判です。
商品は冷凍状態で届き、レンジでチンするだけで手軽に食べることができます。
ナッシュには管理栄養士が考えたメニューが60種類以上あるので、継続的に利用しても飽きずに食べられます。
宅配弁当は、外食よりも金額が安い上に栄養バランスを整えやすく、食べたい時にすぐに食べられるのがメリットです。
ナッシュのように冷凍なら賞味期限が長く、冷凍庫にストックできる点も便利です。

一人暮らし大学生なら学食で食事しよう!

大学の学食は、一人暮らしの大学生の強い味方です。
多くの学食では、安価で栄養バランスの良いメニューが揃っています。
夕食の時間帯まで空いている学食や、朝食バイキングを実施している学食などもあり、毎食のように利用できる場合もあります。
メニューの選び方としては、丼ぶりだけ、麺類だけ、といったメニューばかりではなく、主菜と副菜、汁物がセットになった定食も取り入れると、栄養バランスが整いやすくなります。
大いに学食を利用して、健康的な食生活に役立てましょう。

 

一人暮らしで食に興味がない男性・ミニマリストにおすすめの食事方法

世の中には「食べることが一番の楽しみ!」という方もいれば、「そもそも食に興味がない」「できれば食べずに仕事に没頭したい」という方もいます。
しかし、たとえ食に興味がなくても、健康のためには必要な栄養素を摂取しなくてはいけません。
食事は極力シンプルにしたいという男性やミニマリストには、1食で必要な栄養が補える完全食がおすすめです。
ベースフード株式会社では、1食で1日に必要な栄養素の1/3が摂れる「ベースヌードル」と「ベースブレッド」を販売しており、ブログや口コミで人気が高まっています。
ベースヌードルは別売りの特製ソースも購入できる他、市販ソースや手作りソースでのアレンジも可能です。
通常のパスタやパンは炭水化物中心なので、栄養のためには「サラダやたんぱく質も摂らなきゃ」と考えなくてはいけません。ベースフードなら健康を意識しなくても、麺やパンだけで必要な栄養素を補給できるのが特徴です。

一人暮らしでも朝食を習慣にするには?

一人暮らしでは「つい朝ご飯抜きになってしまう」という方も多いのではないでしょうか?
食事は1日3回摂る方が栄養バランスを整えやすく、肥満や食べ過ぎも防ぎやすいと言われていますが、一人暮らしで毎日の朝食を習慣にするのはなかなか大変ですよね。
朝ごはんには、卵や納豆、ヨーグルト、シリアル、野菜ジュース、インスタント味噌汁など、すぐ食べられるものを常備しておくと、時間がなくても食べられるのでおすすめです。
先ほど紹介したナッシュでは、朝食に便利なふすまパンやスープ、リゾット、スムージーなどが購入でき、低糖質な朝食メニューを手軽に食べることができます。
完全食のベースブレッドは、パンだけの朝食でも必要な栄養を補うことができるので、栄養に関する知識があまりないという方にも便利です。

 

一人暮らしのダイエットは栄養不足に注意!

毎日の食生活を誰かに干渉されることがない一人暮らしでは、ダイエット中の栄養不足、カロリー不足にも注意が必要です。
特に日本の若い女性は痩せ願望が強く、太っていなくても「自分は太っている」「もっと痩せたい」と考えてダイエットをしている方が少なくないようです。
しかし、女性の栄養不足は貧血や冷え、生理不順、不妊などの体調不良の原因になる可能性があると言われており、極端な食事制限ダイエットはおすすめではありません。
また、料理や栄養管理が苦手な方も、自己流の無理なダイエットでは栄養が偏ってしまう可能性があります。
その点、ナッシュのメニューはすべて低糖質で、管理栄養士がバランスの良いレシピを考えています。
栄養のある食事をしっかり摂りながらも、糖質量は抑える糖質制限ダイエットを実現できるので、空腹を我慢するダイエットはしたくないという方にもおすすめです。

 

まとめ

一人暮らしにおすすめの食事法について見てきました。
食生活が乱れやすい一人暮らしで健康的かつ経済的な食事を続けるためには、自分のタイプやライフスタイルに合う食事法を上手に選ぶことが大切です。
・料理好きな方は、「料理の作り置き」「ミールキットの活用」「食材の冷凍保存」
・料理が面倒くさい方は、「宅配弁当の利用」「大学生なら学食の利用」
・食に興味がない方は、「完全食」
という選択肢を検討してみましょう。
苦痛やストレスを伴うような食事法は長続きしないものです。
自分に合う食事法を比較して見つけることで、一人暮らしでも無理なく、理想的な食事ができるようになります。

 

TOPへ