冷凍弁当や冷めた宅配食の味は大丈夫?

宅配食は冷凍された状態で配達されるものもあれば、作りたての常温のものが配達されるもの、または冷蔵の状態で配達され、到着後にレンジで温めて食べるというものがあります。
中でも冷凍の宅配食は味が落ちるのでは?という心配をしている人も少なくありません。
一度注文した人なら冷凍であるからといって美味しくないというのは間違いだった!ということに気がつきますが、まだ冷凍宅配食を利用したことがない人は味の心配をしている人が少なくありません。

 

冷凍技術の進歩で作りたてのクオリティが保たれている

昔の冷凍技術は今と比べてかなり劣っていたため、冷凍すると食品の繊維を壊してしまい、味や食感が落ちてしまうということは多くありました。
しかし、ここ数年の冷凍技術の飛躍的な発展のおかげで急速冷凍が可能となり、繊維を壊すことなく冷凍状態を作ることができるようになりました。

 

昔では肉を冷凍し、解凍する際に繊維などから肉のうまみや肉汁が流れてしまい、美味しさが半減してしまうようなことがありましたが現在は違います。
肉でも魚でも繊維を壊さず、うまみを逃さない状態で解凍できる冷凍法が採用されているので、宅配食の冷凍弁当でも作りたての美味しさが保たれているというわけです。

 

昨今、冷凍弁当の宅配サービスを提供する会社が多くなってきたのは高齢化社会が理由なだけでなく、このような冷凍技術の進歩により、冷凍食品や冷凍宅配食でもクオリティが高い商品を届けられるようになったことが理由のひとつです。

 

また、電子レンジで簡単に調理できるという利便性も一人暮らしの高齢者にとっても大きなメリットとなっています。

 

冷凍宅配弁当のメリットは賞味期限の長さにもあり

 

冷蔵の宅配食の場合は、当日配達されてその日のうちに食べきらなければいけないものですが、冷凍宅配食の場合、食欲が優れないときなどは無理して食べなくても無駄にならないというメリットもあります。
自分の好きな時間帯にレンジで温めれば食事ができるということは、食品を無駄にせず、コスト面でも無駄な出費を抑えることにもつながりますのでとても経済的です。

 

冷凍宅配食だからといって防腐剤は使用していない

保存が利くものはすべてに防腐剤が入っているというイメージを持っている人もいるかもしれません。
しかし、長期間の保存ができる冷凍宅配食は、防腐剤などを一切使わなくても冷凍の力でその安全性と美味しさを保つことができます。

 

以前は冷凍食品は体に悪い、というようなイメージを持っている人が多くいましたが、現代ではその概念は間違いであるといえます。
健康を気にする方でも冷凍宅配食は安心して食べることができますのでおすすめです。

 

宅配食事|ウェルネスダイニング

 

宅配食事|ウェルネスダイニング公式サイト